• 印刷する

GDP成長率、確定値は0.2% 上方修正も伸びは減速

英政府統計局(ONS)は6月29日、2018年第1四半期(1~3月)の国内総生産(GDP、確定値)が前期比0.2%拡大したと発表した。改定値からわずかに0.1ポイント上方修正されたものの、伸びは2017年第4四半期の0.4%から減速した。

産業別に見ると、英国経済の原動力であるサービス業は0.3%増加。伸びは前期から0.1ポイント減速した。うちビジネスサービス・金融は0.6%伸び、流通・ホテル・レストランと自動車販売を含む運輸・倉庫・通信は共に0.1%増えた。

鉱工業は0.4%拡大。うち採鉱・採石は2.5%増加し、水道・下水・廃棄物処理は1.7%、電気・ガス・蒸気・空調供給は1.4%それぞれ伸びた。一方、製造業は0.1%減少している。

建設業は0.8%縮小。農林水産業も1.5%落ち込んだ。

支出項目別では、政府最終消費支出が0.4%増え、家計最終消費支出は0.2%拡大した。半面、投資を示す総固定資本形成は1.3%減と、前期の0.8%増からマイナスに転じた。

貿易は輸出が横ばいで、輸入は0.2%縮小。輸出から輸入を差し引いた純輸出はGDPを0.1ポイント押し上げた。

GDPは前年同期比では1.2%拡大し、前期から0.1ポイント減速。こちらは改定値から変化がなかった。

経営団体の英産業連盟(CBI)は先に、今年のGDP成長率が1.4%にとどまり、昨年の1.8%から減速するとの見通しを示した。来年は1.3%とし、さらなる減速を見込んでいる。


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料農林・水産その他製造金融運輸IT・通信天然資源電力・ガス・水道小売り・卸売りサービス観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

アイルランドGDP、第2四半期は2.5%増(09/19)

石油セプサ、年内に上場=25%株超を放出(09/19)

EU移民の労働ビザ優遇は不要 離脱後は域外と同等に=諮問委(09/19)

スーパー売上高、直近12週間は3.8%増加(09/19)

英仏漁業団体、ホタテ漁問題巡り合意(09/19)

JLR、バーミンガムの工場で減産体制に(09/19)

EU離脱派、メイ首相案の撤回キャンペーン(09/19)

鉄道遅延率、過去12年で最悪の14%(09/19)

シェル、星でプロピレンの貯蔵能力を増強(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン