独6州、再びオランダ産汚染卵を回収

ドイツ北西部ニーダーザクセン州の農業当局は12日、オランダ産の卵を回収するよう命じたことを明らかにした。ダニの駆除に使用される殺虫剤の成分フィプロニルが残留している可能性があるため。こうした措置は昨夏に続き2度目となる。ドイチェ・ウェレなどが伝えた。 回収の対象…

関連国・地域: ドイツEUオランダ
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

独商工会議所、成長見通しを引き下げ(10/22)

マルタ、イタリアが拒んだ移民受け入れ(10/22)

ソフトウェアAG、第3四半期は横ばい(10/22)

米スターバックス、欧州4カ国の経営移管(10/22)

コンチネンタル、機械学習のADASを開発(10/22)

ティッセン、米MSと共同開発ソフトを導入(10/22)

VW、欧州で新車販売をデジタル化へ(10/22)

ブラックキャブのEV版、来年にパリ進出(10/22)

VW、旧式ディーゼル車の買い替えを優遇(10/19)

サルビーニ同盟党首、欧州委員長に名乗りも(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン