独6州、再びオランダ産汚染卵を回収

ドイツ北西部ニーダーザクセン州の農業当局は12日、オランダ産の卵を回収するよう命じたことを明らかにした。ダニの駆除に使用される殺虫剤の成分フィプロニルが残留している可能性があるため。こうした措置は昨夏に続き2度目となる。ドイチェ・ウェレなどが伝えた。 回収の対象…

関連国・地域: ドイツEUオランダ
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

AGC、ハンガリー工場の生産能力拡大(04/23)

プライメタルズ、墺社の鋳造機システム更新(04/23)

政府、EV購入支援策を来年末まで延長も(04/23)

マデイラ島でバスが転落、観光客29人死亡(04/23)

4月は過去3カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(04/23)

生産者物価、3月は過去11カ月で最低(04/23)

金融当局、ワイヤーカードの空売り禁止解除(04/23)

新興企業ソノ、NEVSとソーラーEV生産(04/23)

丸紅、独社などと「Arch―LOG」の実証実験(04/23)

VW、責任ある調達でブロックチェーン採用(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン