独6州、再びオランダ産汚染卵を回収

ドイツ北西部ニーダーザクセン州の農業当局は12日、オランダ産の卵を回収するよう命じたことを明らかにした。ダニの駆除に使用される殺虫剤の成分フィプロニルが残留している可能性があるため。こうした措置は昨夏に続き2度目となる。ドイチェ・ウェレなどが伝えた。 回収の対象…

関連国・地域: ドイツEUオランダ
関連業種: 食品・飲料医療・薬品農林・水産社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

成長率見通しを下方修正 Ifo、世界経済リスクなど受け(06/20)

サウジの国営航空、ウィーン便を就航(06/20)

仏アグリコル、競合のポーランド事業に関心(06/20)

【欧州企業よもやま話】第254回・リリウム クリーンな未来への「空の旅」提供(06/20)

エーオンUK、電力代を4.9%引き上げ(06/20)

ダイムラー、開発施設に5千万ユーロ投資(06/20)

インフィニオン、ブダペスト近郊に新施設(06/20)

バッテリーのアカソル、IPOの仮条件設定(06/20)

ユーロ圏建設業生産、4月は1.8%増加(06/20)

BMW、上海のR&Dセンターが開業(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン