フレゼニウス、エイコーン買収撤回を正当化

独医療機器大手フレゼニウスのシュテファン・シュトゥルム最高経営責任者(CEO)は、傘下のジェネリック薬(後発医薬品)大手フレゼニウス・カービ(Kabi)が米同業エイコーン(Akorn)の買収を撤回したことを正当化した。エイコーンのデータ安全性に関する違反が発覚したため、…

関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 医療・医薬品金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ銀、時価総額で首位陥落 ワイヤーカードが抜く=金融分野(08/17)

ドイツ鉄道、米制裁受けイラン事業から撤退(08/17)

ユーロ圏貿易収支、6月は黒字縮小(08/17)

フィンテックの新興企業、1億ドルを調達(08/17)

アマゾン、英で保険商品比較サイトを検討か(08/17)

化学ヘンケル、第2四半期は4.6%減益(08/17)

レンタカーのシクスト、上半期は39%増益(08/17)

ボッシュ、米ディープマップに出資(08/17)

ジェノバの橋崩落、道路運営社の権利剥奪も(08/16)

ノルドストリーム2、露領海の敷設を許可(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン