印鉄鋼タタ、欧州で非中核の5部門売却

インドの鉄鋼大手タタ・スチールは8日、欧州子会社タタ・スチール・ヨーロッパが非中核事業と位置付ける5部門を売却すると発表した。中核と位置付ける帯鋼事業に集中する狙い。 売却の対象となるのは「コージェント」「カルジップ」「ファースチール」「タタ・スチール・イスタ…

関連国・地域: EUアジア
関連業種: 鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第250回・ミーレ ドイツが誇る家電の老舗(05/23)

ギリシャの農協、ステビア加工工場開設も(05/23)

独経済は堅調を維持=連銀月報(05/23)

EU、豪・NZとFTA交渉 工業製品やサービスの輸出拡大へ(05/23)

米国、イランに12項目要求=EUに同調要請(05/23)

ズベルバンク、トルコ子会社売却で合意(05/23)

CBI製造業受注、5月は減速(05/23)

トヨタ、HV禁止なら英工場への投資停止も(05/23)

フィンランド中銀、レーン副総裁が新総裁に(05/22)

ポルシェ、SUV最大6万台をリコールへ(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン