• 印刷する

ハノーバー・メッセが開幕 パートナーはメキシコ

独北部ハノーバーで23日、世界最大規模の産業見本市「ハノーバー・メッセ」が開幕した。開幕式典には今年のパートナー国となるメキシコのペニャニエト大統領が出席し、メルケル首相と共に会場を視察した。

ABBが披露するEV向け高速充電器(同社提供)

ABBが披露するEV向け高速充電器(同社提供)

メルケル首相は、欧州連合(EU)とメキシコが先に新たな自由貿易協定(FTA)交渉で大筋合意したことについて、「欧州とドイツとメキシコにとって本当に良いニュースだ」とコメントした。一方、ペニャニエト大統領は「ドイツ企業の進出とともにメキシコの産業化が始まった」と関係性を強調した。

今年の「ハノーバー・メッセ」は、「産業システムの統合化(インテグレイテッド・インダストリー)―接続と協力」が主要テーマ。オートメーション技術とエネルギー技術、IT(情報技術)プラットフォームと人工知能(AI)などの相互作用に焦点を当てる。また、今年は初めて国際物流見本市「CeMAT(セマット)」との併催となる。

25日には今年で12回目となる「ドイツ・日本経済フォーラム」が開かれ、「モビリティーの脱炭素化」をテーマに、水素利用やデジタル化、エレクトロモビリティー(eモビリティー)が果たす役割を話し合う。講演やパネルディスカッションには、川崎重工業や千代田化工建設などの代表者が参加する。

今年の「ハノーバー・メッセ」には世界各国から5,000社以上が出展するほか、1,400を超える場内イベントが開催される予定。会期は27日までで、20万人の来場が予想されている。

■ABB、EV向け高速充電器を披露

スイス・スウェーデン資本のエンジニアリング大手ABBは22日、「ハノーバー・メッセ」で電気自動車(EV)向けの高速充電器を初披露すると発表した。

最大出力350キロワットのこの充電器は、12分で走行距離300キロメートル分の電力を補給可能。同社は「ガソリンを入れるのとほぼ同じ時間で充電が可能となるため、EVの消費者にとっての魅力が増す」としている。[日本企業の動向][環境ニュース]


関連国・地域: ドイツEUスウェーデンスイスアジア中南米
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造運輸IT・通信天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

海運マースク、第3四半期は利益横ばい(11/16)

産業ガスのリンデ、1~9月期は4.2%増益(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

製糖ノルトツッカー、豪マッカイと買収協議(11/16)

化学ヘンケル、第3四半期は8.9%増益(11/16)

イネオス、オフロード車の生産拠点近く決定(11/16)

シクスト、第3四半期は27.3%増益(11/16)

ダイムラー、北京に第2のR&D拠点を新設(11/16)

メルセデス、中国産の「EQC」を来年発売(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン