• 印刷する

鉱工業生産、2月は1.6%減少

ドイツ連邦経済技術省は6日、2月の鉱工業生産指数(2015年=100、稼働日数・季節調整済み)が105.8ポイントとなり、前月から1.6%低下したと発表した。1月のプラス0.1%からマイナスに転落。落ち込み幅は2015年8月以降で最低を記録した。

分野別では製造業が2%減少。うち投資財が3.1%減り、消費財と中間財はそれぞれ1.5%、0.7%縮小した。建設は2.2%落ち込んだ。一方、エネルギーは4%拡大している。

ぶれの小さい2カ月ベースで見ると、1~2月の鉱工業生産は前の2カ月から0.9%縮小した。製造業が1.3%減った半面、建設業は1.1%伸びた。

経済技術省は、製造業では受注が好調で景況感も高水準にあることから、今後も上昇基調が継続するものの、今年の伸びは昨年を下回るとの見方を示している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: その他製造建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マルタ航空、API活用で18年ぶり黒字(06/19)

成長率見通しを下方修正 Ifo、製造業の不振受け(06/19)

欧州新車登録、5月は0.1%増加(06/19)

ZEW景気期待指数、6月は大幅に悪化(06/19)

ユーロ圏インフレ率、5月は1.2%=改定値(06/19)

トラックのボルボ、エヌビディアと技術提携(06/19)

欧州司法裁、ドイツの国外車両通行料を却下(06/19)

ECB総裁、追加の金融緩和の必要性に言及(06/19)

VW、ソフトウエア自社開発の新部門を設置(06/19)

金融11行、海運業界の脱炭素化への枠組合意(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン