<連載コラム・環境フォーカス>第23回 化学物質の取り締まりを強化するEU

化学物質が人体や環境に及ぼす危険性を排除する取り組みが、引き続き欧州連合(EU)の最優先課題となっている。スウェーデンの首都ストックホルムで3月に開かれた会議で、EUは将来の化学物質および廃棄物規制の枠組みの土台として循環型経済と生産者責任の原則を強く訴えた。…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

AFM、香港SFCと基金相互承認で覚書(05/20)

【今週の主な予定】5月20~24日(05/20)

EU離脱の与野党協議が決裂 双方が党内の分裂を批判(05/20)

メルケル首相、EU要職への就任を否定(05/20)

仏GDP成長率、1.7%拡大 2018年は減速=改定値(05/20)

アイルランドの肉牛農家、EUが特別補償(05/20)

GOF、グルテンフリー向けに工場開設(05/20)

欧州新車登録、0.4%減少 英独が引き続き不振=4月(05/20)

欧州評議会、ロシアの復帰に道=独仏が尽力(05/20)

Bスチール、株主などからつなぎ融資確保(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン