Ifo、成長率予想を維持 「今後数カ月は力強い伸び」

Ifo経済研究所は21日、ドイツの国内総生産(GDP)が今年は2.6%拡大するとの見通しを発表した。向こう数カ月は力強い成長が続くとみる一方、来年は2.1%増に減速すると予想。いずれも、昨年12月時点の予測を維持している。

Ifoは、米国の税制改革やユーロ圏経済の回復を背景に、ドイツの財・サービスの需要は拡大していると分析。その半面、米国が欧州連合(EU)の鉄鋼・アルミニウムに新たな輸入関税を課す可能性が浮上していることや欧州単一通貨ユーロの上昇基調により、独企業の景況感が低下しているとした。また新政権の経済政策については、特に公的支出の増加などが短期的な刺激効果をもたらすものの、税制や社会保障制度の改革に期待できるものがなく、米仏英の法人減税に対応できていないと指摘している。

労働市場については、今年は就業者数が4,484万8,000人に増え、来年にはこれが4,526万4,000人に達すると見込む。失業率は今年に5.2%、来年に4.8%にそれぞれ改善するとみる。インフレ率は、今年は1.8%と2017年の水準を維持し、来年は2.2%に加速すると予想する。

ドイツの2017年の財政収支は約366億ユーロの黒字。Ifoは、今年は383億ユーロ、来年は389億ユーロと拡大基調を維持すると予測している。

なおドイツ経済研究所(DIW)は、今年のGDP成長率が2.4%、来年は1.9%になると予測。前回12月時点からそれぞれ0.2ポイント、0.3ポイント引き上げた。上方修正は、先にメルケル首相率いる第1党の中道右派キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と中道左派の社会民主党(SPD)による連立政権が発足したことが背景にある。[労務]


関連国・地域: 英国ドイツフランスEU米国
関連業種: 経済一般・統計鉄鋼・金属金融・保険商業・サービス社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ドイツ銀、7千人超を整理へ ゼービング新CEOが再建に着手(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

GfK消費者信頼感、6月はやや悪化(05/25)

新素材開発コベストロ、M&Aに意欲(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン