肥料K+S、通期は18%増益

独肥料大手K+Sは15日、2017年12月通期のEBIT(利払い・税引き前利益)が2億7,080万ユーロとなり、前期比18.1%増加したと発表した。カナダの新拠点が操業を開始したほか、排水規制の厳格化を受け設備刷新を進めていたドイツ中部のウェラ(Werra)工場が再稼働したことが貢…

関連国・地域: ドイツアジアアフリカカナダ
関連業種: 化学農林・水産IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

Ifo、向こう3年の成長見通し引き下げ(12/14)

加リナマー、ハンガリーに新工場開設へ(12/14)

スーパー売上高、直近12週間は2%増加(12/14)

ノバレス、ポルトガル工場で新表面加工技術(12/14)

独高級車3社、11月もアウディの不調続く(12/14)

レボリュート、リトアニアで銀行免許を取得(12/14)

アウディ、ショット氏をCEOに正式任命(12/14)

FCA、中国・騰訊とつながる車で戦略提携(12/14)

小売りメトロ、通期は5.9%増益(12/14)

欧州一般裁、実走時排ガス基準を無効化(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン