肥料K+S、通期は18%増益

独肥料大手K+Sは15日、2017年12月通期のEBIT(利払い・税引き前利益)が2億7,080万ユーロとなり、前期比18.1%増加したと発表した。カナダの新拠点が操業を開始したほか、排水規制の厳格化を受け設備刷新を進めていたドイツ中部のウェラ(Werra)工場が再稼働したことが貢…

関連国・地域: ドイツアジアアフリカカナダ
関連業種: 化学農林・水産IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

企業景況感、9月はやや低下 Ifo「ドイツ経済は堅調」(09/25)

カジノ「カルフールの業務提携打診を拒否」(09/25)

コペンハーゲン、F1誘致計画を中止(09/25)

ポルシェ、ディーゼル車販売から撤退へ(09/25)

難民救助船アクアリウス、パナマが船籍剥奪(09/25)

トラックのボルボ、イランでの生産を中止(09/25)

ダイムラーとBMW、モビリティー事業統合(09/25)

エキサイト、年内にフランクフルトに上場へ(09/25)

シーメンス、イラクで発電所建設を提案(09/25)

発電Bグリム、マレーシアに子会社設立へ(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン