ZEW景気期待指数、2月は低下

欧州経済研究センター(ZEW)は20日、2月のドイツの景気期待指数が17.8ポイントとなったと発表した。前月から2.6ポイント低下し、長期平均(23.7ポイント)を下回ったものの、市場予想は上回った。

景気期待指数は向こう6カ月間に国内経済が「改善する」と回答した割合から「悪化する」の割合を差し引いて算出する。今回の調査は2月5~19日に、アナリスト211人に見通しを尋ねた。現況指数は92.3ポイントと1月から2.9ポイント悪化した。

ZEWのアヒム・ワンバッハ所長は、今回の結果はドイツ経済の見通しが良好なことを示していると説明。現況指数は高水準を維持しており、向こう6カ月で経済は改善すると予想した。好調な世界経済と個人消費がドイツの経済成長をけん引していると述べた。

なお、ユーロ圏の2月の景気期待指数は29.3ポイントと、前月から2.5ポイント低下。一方、現況指数は1.3ポイント改善し、57.7ポイントだった。


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

中国の自動車関税引き下げ、BMWなど恩恵(05/23)

独フェスト、ブルガリア工場に追加投資(05/23)

ギリシャの農協、ステビア加工工場開設も(05/23)

【欧州企業よもやま話】第250回・ミーレ ドイツが誇る家電の老舗(05/23)

独経済は堅調を維持=連銀月報(05/23)

ズベルバンク、トルコ子会社売却で合意(05/23)

ルフトハンザ、北米路線で格安料金導入へ(05/23)

シーメンス、クリーン・モーションと提携(05/23)

グラマー、米自動車部品TMDを買収へ(05/23)

南ア政府、BMWなどに生産倍増を呼び掛け(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン