独2大政党が連立で合意 SPDは財務相のポスト獲得へ

メルケル首相率いる第1党の中道右派キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と、第2党で中道左派の社会民主党(SPD)による連立交渉が7日朝、妥結した。医療保険制度や労働政策、防衛支出を巡って協議は最終段階で難航し、当初の予定から3日遅れでの合意となった。交渉の鍵となっていた閣僚ポストについては、SPDが外相と労働社会相に加え、新たに財務相の座を獲得する見込み。メルケル首相の4期目実現に向けて、残るハードルはSPDの党員による合意内容への投票のみとなった。BBC電子版などが伝えた。

連立協議では閣僚の割り当てが最後の関門となっていたが、SPDは国政の花形である財務相をはじめ、6つの閣僚ポストを得る見込み。財務、労働、外交という主要政策のかじ取りは、ドイツ国内のみならず、欧州や世界にも多大な影響を与えるため、SPDにとって大きな収穫となる。

特に財務相は過去8年にわたってCDUの重鎮であるショイブレ氏が務めていたが、連立協議を前に他党からポストの明け渡しを求める圧力が高まり、同氏は昨年10月、連邦議会(下院)議長に選出されたのを機に実質的に身を引いていた。財務相にはハンブルクのオーラフ・ショルツ市長が就任する見通し。SPDは財務省の権限を握り、今後はユーロ圏経済に対するドイツの支援を拡大することで、マクロン仏大統領が掲げる欧州連合(EU)改革に協調していくとみられる。

地元メディアによると、SPDのシュルツ党首は外相に就任する方針を示している。一方、CDUは経済・エネルギー相や国防相などのポストを引き続き確保し、姉妹政党CSUのゼーホーファー党首は内相に就く見通しだ。

SPDは今回の最終的な合意内容を約46万人の党員に再び諮る。投票によって合意内容が承認されれば、晴れてメルケル首相の4期目が実現する運び。この手続きには3週間前後かかり、順調に進めば3月末までに連立政権が発足する見込みだ。しかし、SPD党内には大連立への反対論も根強く、仮に否決されれば再選挙となる可能性が最も有力視されている。

ドイツでは、昨年9月の総選挙でCDU・CSUが246議席、SPDが153議席へと大きく議席を減らした一方、ユーロ圏解体と反難民を訴える「ドイツのための選択肢(AfD)」が94議席を獲得して第3党へと躍進。メルケル首相は、自由民主党(FDP)および緑の党との3党連立を模索したが破談に終わり、当初は連立に否定的だったSPDと再度手を組む方向で話し合いを進めていた。連立協議の期間は戦後最長を記録している。[労務]


関連国・地域: ドイツフランスEU
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

チェコの乗用車生産、1~5月は横ばい(06/22)

ダイムラー、通期見通し下げ 米中摩擦による輸出減見越し(06/22)

川崎重工、ABBとインターフェース開発(06/22)

独仏、EU内の法人税制調和で共同提案へ(06/22)

商用車オトカ、ワルシャワからバス受注(06/22)

タイヤのコンチ、パワートレイン部門上場か(06/22)

シーメンス、事業再編策を8月に公表へ(06/22)

ドイツ銀、米外為不正操作で罰金2億ドル(06/22)

三菱商事、英で送電事業の優先交渉権を獲得(06/22)

大陽日酸、リンデと米プラクスエアの資産取得か(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン