• 印刷する

GDP、第4四半期は0.5%増 伸びやや加速=速報値

英政府統計局(ONS)は26日、2017年第4四半期(10~12月)の国内総生産(GDP、速報値)が前期比0.5%増加したと発表した。前期の0.4%から伸びがわずかに加速し、市場予想を上回った。通年では1.8%拡大したが、2016年の1.9%増からは減速している。

産業別に見ると、英経済の原動力であるサービス業は0.6%拡大。伸びは前期から0.2ポイント加速した。うち、ビジネスサービス・金融と自動車販売を含む運輸・倉庫・通信が共に0.8%伸びた。流通・ホテル・レストランは0.1%増加した。

鉱工業は0.6%増加し、第3四半期の1.3%増から伸びが減速した。製造業は1.3%拡大した。電気・ガス・蒸気・空調供給は0.4%、水道・下水・廃棄物処理は0.3%それぞれ伸びている。一方、採鉱・採石は3.9%落ち込んだ。

建設業は1%、農林水産業は0.4%それぞれ減少した。

GDPは前年同期比では1.5%拡大し、伸びは第3四半期から0.2ポイント減速した。

ONSは人材派遣会社や賃貸業者、オフィス管理などが英経済を後押しした半面、消費者と直結した分野では成長の鈍化や不安定さが見られたと指摘。英国は欧州連合(EU)離脱の決定を背景としたポンド下落を受け、インフレ率の上昇ペースが賃金の伸びを上回っており、消費者の購買力をそいでいる。

国際通貨基金(IMF)は先に、英国の2017年のGDP成長率が1.7%になるとの見通しを示していた。今年については1.5%を見込む。来年は1.5%になると予想し、従来予測から0.1ポイント引き下げている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料農林・水産その他製造金融建設・不動産運輸IT・通信天然資源電力・ガス・水道小売り・卸売りサービス観光マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

ラーブEU離脱相が辞任 メイ首相の不信任投票の動きも(11/16)

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

アストンマーティン、10倍弱の増益(11/16)

ロイヤル・メール、上半期は利益半減(11/16)

小売売上高、10月は0.5%減少(11/16)

イネオス、オフロード車の生産拠点近く決定(11/16)

DSスミス、欧州委がユーロパック買収承認(11/16)

ソニー、EMIを完全子会社化(11/16)

英国、賭博規制の導入を来年4月に前倒し(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン