• 印刷する

小売売上高、12月は1.5%減に転じる

英政府統計局(ONS)は19日、2017年12月の小売売上高(数量ベース、季節調整済み)が前月比1.5%減少したと発表した。11月の1%増からマイナスに転じ、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る国民投票が行われた2016年6月以降で最大の落ち込みとなった。小売価格の高騰により、クリスマス消費が11月に前倒しされる傾向が強まったことが大きい。

主に食品を扱う店舗は1.1%、非食品を扱う店舗は1.3%それぞれ減った。うち家庭用品店は5.3%落ち込み、繊維・衣料品・履物店は1%減少した。一方、百貨店などの非専門店は0.6%増加している。

オンライン・通信販売は4.8%縮小。ガソリンスタンドは0.4%減少した。ガソリンスタンドを除く全体の売上高は1.6%減っている。

小売売上高は前年同月比では1.4%増加。伸び幅は11月の1.5%からわずかに減速した。食品店が0.6%落ち込んだ半面、非食品店は1.7%増えた。オンライン・通信販売は7.5%増え、ガソリンスタンドは2.9%拡大している。

なお、12月のインフレ率は3%。11月から0.1ポイント低下し、6月以降で初めて減速した。英中銀イングランド銀行が目標とする2%は11カ月連続で上回っている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 食品・飲料繊維その他製造金融IT・通信天然資源小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英領北アで親英派の暴動激化 対立派のコロナ規制違反が原因に(04/09)

建設業PMI、3月は過去6年半で最高(04/09)

資源アングロ、南アの燃料炭部門を分離へ(04/09)

英国製ワクチン、豪政府が接種方針巡り協議(04/09)

伊・西、英製ワクチン投与を60歳以上に制限(04/09)

英外相、インドネシア訪問で協力確認(04/09)

EU各国、英国製ワクチン対応で合意至らず(04/09)

台湾、4月末にも英製ワクチンの自費接種へ(04/09)

東芝に英CVCが買収提案 提示額200億ドル、非公開化の方針(04/08)

英製ワクチン、30歳未満の接種推奨せず(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン