• 印刷する

小売売上高、12月は1.5%減に転じる

英政府統計局(ONS)は19日、2017年12月の小売売上高(数量ベース、季節調整済み)が前月比1.5%減少したと発表した。11月の1%増からマイナスに転じ、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る国民投票が行われた2016年6月以降で最大の落ち込みとなった。小売価格の高騰により、クリスマス消費が11月に前倒しされる傾向が強まったことが大きい。

主に食品を扱う店舗は1.1%、非食品を扱う店舗は1.3%それぞれ減った。うち家庭用品店は5.3%落ち込み、繊維・衣料品・履物店は1%減少した。一方、百貨店などの非専門店は0.6%増加している。

オンライン・通信販売は4.8%縮小。ガソリンスタンドは0.4%減少した。ガソリンスタンドを除く全体の売上高は1.6%減っている。

小売売上高は前年同月比では1.4%増加。伸び幅は11月の1.5%からわずかに減速した。食品店が0.6%落ち込んだ半面、非食品店は1.7%増えた。オンライン・通信販売は7.5%増え、ガソリンスタンドは2.9%拡大している。

なお、12月のインフレ率は3%。11月から0.1ポイント低下し、6月以降で初めて減速した。英中銀イングランド銀行が目標とする2%は11カ月連続で上回っている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 食品・飲料繊維その他製造金融IT・通信天然資源小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

失業率、11月は5%=過去4年超で最悪(01/27)

マスターカード、英EU間の手数料引き上げ(01/27)

リバティ、ティッセン鉄鋼事業取得で再提案(01/27)

英国民医療制度、ワクチン詐欺に注意喚起(01/27)

感染者数、英は縮小もスペインは週末最多に(01/27)

欧州委、ワクチン輸出の事前報告義務付けへ(01/27)

米、欧州諸国からの入国制限継続=南ア追加(01/27)

英リバティ、ポーランド工場取得の承認獲得(01/26)

ブーフー、百貨店デベナムズのブランド取得(01/26)

シェル、4月にルーマニアに再進出(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン