ロシアのインフレ率、12月は横ばいの2.5%

ロシア連邦統計局(ロスタット)によると、2017年12月の消費者物価指数(CPI、速報値)は前年同月比2.5%上昇した。伸びは前月から横ばいで、ソ連崩壊以降の最低水準を維持した。 12月は食品が1.1%、非食品が2.8%それぞれ上昇。サービスは4.4%値上がりした。価格変動が激し…

関連国・地域: ロシア
関連業種: 食品・飲料その他製造金融天然資源電力・ガス・水道小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

メタロインベスト、ズベルバンクに株式売却(08/15)

スーパーのX5、第2四半期は16%減益(08/15)

トラックのカマズ、ガーナに組立工場設置へ(08/15)

ロッテ、ロシア極東から穀物輸出を本格化(08/15)

ロシアなど5カ国、カスピ海の領有権で合意(08/14)

ロシアのインフレ率、7月は2.5%(08/14)

最高裁、「テレグラム」禁止巡る異議を却下(08/13)

「VW」乗用車販売、7月は8.4%増加(08/13)

旅行TUI、第3四半期は13%減益(08/13)

トルコ、ロシアの5番目の貿易相手国に(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン