エーオンがウニパー株を売却 フォータム、過半数株確保も

独エネルギー最大手エーオンは8日、分離した火力・水力発電・エネルギー取引子会社ウニパー(Uniper)の持ち株46.65%を、フィンランドの電力大手フォータム(Fortum)に売却することで正式に合意したと発表した。取引額は37億6,000万ユーロ。当のウニパーはかねて取引に反対していたが、エーオンは11日の締め切り寸前に提案を受け入れた格好だ。

エーオンは昨年9月、フォータムにウニパー株を1株当たり22ユーロで売却することで暫定合意。最終的な提示額は変わらず、フォータムは他の株主に対しても同じ条件で16日まで株式公開買い付け(TOB)を実施する。エーオン側は役員も全持ち株を手放す方針だ。市場では過半数株式を確保できるとの見方が強く、関係当局の承認は来年半ばまでに得られる見通し。

エーオンのヨハネス・ティッセン最高経営責任者(CEO)は「全ウニパー株を魅力的な価格で売却することができる」とコメント。「エーオンは新エネルギー時代において顧客や中核事業に完全に専念できる」とした上で、利益ある成長に向け道筋がついたと話している。[M&A][環境ニュース]


関連国・地域: ドイツフィンランド
関連業種: 電力・ガス・水道金融・保険社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

GDP成長率予想を引き上げ 5大研究所「独経済はなお活況」(04/20)

保険ゼネラリ、ベルギー事業を売却(04/20)

チェコの自動車生産、3月は2.7%減少(04/20)

P&G、メルクの消費者ヘルス事業を買収(04/20)

住友化学、マラリア撲滅で日欧4社と連携(04/20)

ユニリーバ、第1四半期は3.4%増収(04/20)

ドイツ銀、ハモンズCOOが辞任へ(04/20)

衛星放送スカイ、9カ月決算は10%増益(04/20)

香港のシャンパン輸入、10年で7割増加(04/20)

テンゲルマン、共同CEOが単独トップに(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン