• 印刷する

エーオンがウニパー株を売却 フォータム、過半数株確保も

独エネルギー最大手エーオンは8日、分離した火力・水力発電・エネルギー取引子会社ウニパー(Uniper)の持ち株46.65%を、フィンランドの電力大手フォータム(Fortum)に売却することで正式に合意したと発表した。取引額は37億6,000万ユーロ。当のウニパーはかねて取引に反対していたが、エーオンは11日の締め切り寸前に提案を受け入れた格好だ。

エーオンは昨年9月、フォータムにウニパー株を1株当たり22ユーロで売却することで暫定合意。最終的な提示額は変わらず、フォータムは他の株主に対しても同じ条件で16日まで株式公開買い付け(TOB)を実施する。エーオン側は役員も全持ち株を手放す方針だ。市場では過半数株式を確保できるとの見方が強く、関係当局の承認は来年半ばまでに得られる見通し。

エーオンのヨハネス・ティッセン最高経営責任者(CEO)は「全ウニパー株を魅力的な価格で売却することができる」とコメント。「エーオンは新エネルギー時代において顧客や中核事業に完全に専念できる」とした上で、利益ある成長に向け道筋がついたと話している。[M&A][環境ニュース]


関連国・地域: ドイツフィンランド
関連業種: 金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

CDU新党首に親メルケル派 クランプカレンバウアー氏を選出(12/10)

ユーロ圏GDP、第3四半期は0.2%に減速(12/10)

鉱工業生産、10月は0.5%減少(12/10)

RBS、ブレグジットで蘭に一部資産移管も(12/10)

EUの航空旅客数、昨年は7.3%増加(12/10)

ドイツ銀、ダンスケ銀の資金洗浄の大半処理(12/10)

VWブランド、2022年までに利益率6%に(12/10)

オペル、2020年に電動2モデルの生産開始へ(12/10)

日立オート、一部パワステ事業を独社に売却(12/10)

ドイツ、5G網構築で華為技術の参加に懸念(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン