• 印刷する

失業率、12月は5.5%=統一以来最低を維持

ドイツ連邦労働局は3日、2017年12月の失業率(季節調整済み)が5.5%となったと発表した。前月から変化がなく、東西統一後の最低記録を維持した。

失業者数は11月から約2万9,000人減少し、244万2,000人だった。

季節調整前の失業率は5.3%と、こちらも前月から横ばい。地域別では旧西独が4.9%と前月から変化がなく、旧東独は7.1%で、0.1ポイント上昇した。全国の男女別では男性が5.6%と0.1ポイント悪化。女性は5.1%で、横ばいだった。

全体の失業者数(季節調整前)は238万4,961人と、1万6,550人増えた。

連邦労働局のデトレフ・シェーレ局長は、失業者数の増加は例年に比べて少なく、企業の人材確保に対する需要も力強く伸びており、12月の労働市場は非常に良く発展したとコメントした。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

メルケル首相、EU要職への就任を否定(05/20)

SBVF、体験旅行の独新興企業に出資(05/20)

欧州新車登録、0.4%減少 英独が引き続き不振=4月(05/20)

デリバリー・ヒーロー、バイオ包装材に投資(05/20)

デカトロン、豪でスキー用品の販売拡大へ(05/20)

欧州評議会、ロシアの復帰に道=独仏が尽力(05/20)

独仏蘭、中国・華為技術の5G入札を容認(05/20)

富士フイルム、独内視鏡処置具メーカー買収(05/20)

日立オート、アウディがインバーター採用(05/20)

ユーロ圏インフレ率、4月は1.7%=改定値(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン