失業率、12月は5.5%=統一以来最低を維持

ドイツ連邦労働局は3日、2017年12月の失業率(季節調整済み)が5.5%となったと発表した。前月から変化がなく、東西統一後の最低記録を維持した。

失業者数は11月から約2万9,000人減少し、244万2,000人だった。

季節調整前の失業率は5.3%と、こちらも前月から横ばい。地域別では旧西独が4.9%と前月から変化がなく、旧東独は7.1%で、0.1ポイント上昇した。全国の男女別では男性が5.6%と0.1ポイント悪化。女性は5.1%で、横ばいだった。

全体の失業者数(季節調整前)は238万4,961人と、1万6,550人増えた。

連邦労働局のデトレフ・シェーレ局長は、失業者数の増加は例年に比べて少なく、企業の人材確保に対する需要も力強く伸びており、12月の労働市場は非常に良く発展したとコメントした。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独コンチ、デブレツェンに電子部品工場建設(02/23)

テレフォニカ、第4四半期は5倍に増益(02/23)

ドイツテレコム、3.8%増益 米国の税制改革が追い風に(02/23)

チェコの自動車生産、1月は0.2%減少(02/23)

ライアンエアー、イースター休暇にストも(02/23)

Ifo企業景況感、2月は悪化(02/23)

欧州商用車登録台数、1月は8.2%増加(02/23)

シュコダ、印で値上げ=関税引き上げで(02/23)

ダイムラー、大型EVトラックを試験運用(02/23)

化学ヘンケル、通期は23%増益(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン