Ifo企業景況感、12月は悪化

Ifo経済研究所は19日、12月のドイツの企業景況感指数(2005年=100、季節調整済み)が117.2ポイントになったと発表した。市場の予想に反して、過去最高水準に達した前月から0.4ポイント低下した。

Ifoは毎月、国内の約7,000社を対象にアンケート調査を実施。現在の景気に対する見方を示す「現況指数」と半年後の見通しを示す「期待指数」を元に景況感指数(総合指数)をまとめている。12月は現況指数が125.4ポイントと11月から0.9ポイント上昇。期待指数は1.5ポイント低下し、109.5ポイントだった。

総合指数を業種別に見ると、製造業は過去最高を記録した前月から1.4ポイント落ち込んだ。現況指数は上向いたものの、期待指数は下落した。

卸売りは現況指数と期待指数が共に低下し、2.5ポイント下げたものの高水準を維持している。半面、小売りは期待指数が伸び悩んだものの現況指数が改善し2.6ポイント上昇した。建設は期待指数と現況指数が共に伸び、1.7ポイント上昇した。

Ifoのクレメンス・フュースト所長は、ドイツの企業景況感はクリスマスを前に極めて良好な状態が続いているものの、前月ほどではないと指摘。「事業の先行きについては楽観的な見方が弱まっている半面、企業の現況に対する見方は改善している」とコメントした。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 経済一般・統計製造一般商業・サービス建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

ドイツ銀、第2四半期の利益は予想以上に(07/17)

ファーンバラ航空ショー開幕 MRJはデモ飛行実施(07/17)

欧州企業もイラン制裁対象に 米国、EUの嘆願拒否=8月再開(07/17)

通信オレンジ、ベースファームを買収(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

米モルガン、鉄道車両リースのVTG買収へ(07/17)

BASF、星などで酸化防止剤の生産拡大(07/17)

コネとティッセンの株主、事業統合で協議(07/17)

シーメンス、越で太陽光発電所システム受注(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン