米大統領選介入疑惑を一蹴 プーチン大統領=年次教書演説で

ロシアのプーチン大統領は14日、連邦議会で施政方針を示す年次教書演説を行った。昨年の米国の大統領選にロシアが干渉した疑惑を巡っては「ヒステリー」と一蹴。その上で、米国との関係改善に向けた努力を続けたいと述べた。イタルタス通信などが伝えた。 この疑惑では、ロシア政府…

関連国・地域: ロシアウクライナアジア米国欧州
関連業種: 経済一般・統計IT・通信天然資源商業・サービスマスコミ・出版・広告社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

ロシアの失業率、1月は5.2%に悪化(02/21)

国際協力銀行、露極東に開発促進会社を設立(02/21)

デリパスカ氏、En+とルスアルの社長辞任(02/21)

ロシア鉱工業生産、1月は2.9%増加(02/20)

欧州鉄鋼協会が米国に懸念 商務省が輸入規制の導入提言(02/20)

ロシア郵便、マグニトと食品配達で提携(02/20)

R・ロイス、2030年までに小型原子炉を完成(02/20)

露ダゲスタン共和国の教会で襲撃、5人死亡(02/20)

VTB、スーパーのマグニト株式29%を取得(02/19)

ルノー、通期は47%増益 取締役会がゴーンCEO再任(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン