米大統領選介入疑惑を一蹴 プーチン大統領=年末記者会見で

ロシアのプーチン大統領は14日、毎年恒例の年末記者会見を開いた。昨年の米国の大統領選にロシアが干渉した疑惑を巡っては「ヒステリー」と一蹴。その上で、米国との関係改善に向けた努力を続けたいと述べた。イタルタス通信などが伝えた。 この疑惑では、ロシア政府につながりのあ…

関連国・地域: ロシアウクライナアジア米国欧州
関連業種: IT・通信天然資源小売り・卸売りメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ロシアのインフレ率、6月は3.2%に加速(07/10)

ロシア新車販売、6月は14.6%減少(07/09)

欧州委、FCAとPSAの合併調査を延長(07/09)

ノリリスク・ニッケル、軽油流出で損害賠償(07/08)

豪プロスペクト、露社にリチウム鉱山売却へ(07/08)

現代ウィア、ロシアにエンジン工場新設(07/06)

露の憲法改正巡る国民投票、78%が賛成(07/03)

ロシア、憲法改正巡る国民投票を実施(07/02)

ロシア、右ハンドル車両の輸入新規制を施行(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン