独BASF、西部の触媒工場を拡張へ

独化学大手BASFは11日、ポーランド西部シロダ・シロンスカ(Sroda Slaska)の自動車排気システム向け触媒の生産拠点を拡張すると発表した。投資額は3億6,280万ズロチ(1億200万ドル)を超える見込み。 BASFは1億5,000万ユーロを投じて同工場を建設し、2014年に生産を開…

関連国・地域: ドイツポーランドアジア
関連業種: 自動車・二輪車化学・石化製造一般金融・保険建設・不動産雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

通信オレンジ、通期は2.2%増益(02/22)

レオ、プラハ―ベルリン間で列車運行を計画(02/22)

ポーランド平均賃金、1月は7.3%上昇(02/21)

JPモルガン、ワルシャワ拠点の雇用開始(02/20)

オルバン首相、総選挙前に反移民色強める(02/20)

ポーランドのインフレ率、1月は1.9%に減速(02/19)

「最も倫理的な企業」に欧州から17社(02/19)

欧州のお薦め観光地、首位はウロツワフ(02/16)

ポーランドGDP、第4四半期は4.3%拡大(02/15)

日本板硝子、英子会社がポーランドに新工場(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン