• 印刷する

プーチン大統領が出馬表明 来年3月の大統領選=圧勝の公算

ロシアのプーチン大統領は6日、来年3月に行われる大統領選挙に立候補する意向を表明した。世論調査では同氏の勝利はほぼ確実視されており、当選すれば2024年まで続投することになる。BBC電子版が伝えた。

同大統領はこの日、ロシア西部ニジニ・ノブゴロド(Nizhny Novgorod)の商用車大手ガス(GAZ)・グループの工場で演説し、出馬の意思を表明した。大統領選は12月後半にも正式に開始される見通し。

大統領選には、共産党のゲンナージー・ジュガーノフ委員長や極右・自由民主党(LDPR)のウラジーミル・ジリノフスキー党首、リベラル政党ヤブロコ(Yabloko)のヤブリンスキー前党首に加え、女性テレビ記者のクセニヤ・ソプチャク氏が既に出馬の意向を示しているが、プーチン氏の圧勝が予想されている。また、やはり出馬を表明していた反政府勢力の指導者アレクセイ・ナバリヌイ氏は、2月に横領罪で有罪となり、立候補が阻止された。同氏は、有罪判決は政治的なものと訴えている。

プーチン氏は2000年に大統領に就任。2期8年を務めた後、側近のメドベージェフ氏が後任に就き、自身は首相に転身したものの、実質的には政権トップに君臨し続けた。メドベージェフ前大統領はこの間に大統領の任期を6年に延長。プーチン氏は2012年に大統領に再選された。


関連国・地域: ロシア
関連業種: 自動車・二輪車政治

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、昨年は再び記録更新 中国2ブランド組み入れが寄与(01/21)

エンプラス、デリパスカ氏の出資率引き下げ(01/21)

UAE、ロシア産家禽を一部禁輸(01/21)

露マグニト、競合レンタの元CEOが社長に(01/18)

ロシアのインフレ率、12月は4.3%に加速(01/18)

EU、鉄鋼の輸入制限措置を正式に発動(01/18)

小売りメトロ、第1四半期は0.6%減収(01/18)

ロシア、白金鉱床の開発でジンバブエと合意(01/17)

ドイツ銀、ダンスケ銀巡り2度目の内部調査(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン