• 印刷する

電力SSE、エヌパワーと英事業を統合

英電力大手SSEは8日、国内の家庭向けエネルギー・サービス事業をスピンオフ(事業の分離・独立)し、独再生可能エネルギー会社イノジー(Innogy)の英子会社エヌパワーと統合することで合意したと発表した。両社は共に「ビッグシックス」と呼ばれる英国のエネルギー大手6社の一角を占めており、取引が実現すれば事実上「ビッグファイブ」に再編される。顧客数は首位のブリティッシュ・ガスに匹敵する1,150万世帯に達する見通し。

新会社はロンドンで上場し、出資比率はSSEの株主が65.6%、イノジー側が34.4%となる見込み。SSEの株主から承認が得られなかった場合、イノジーは6,000万ポンドの違約金を受け取る。

英国のエネルギー業界を巡っては、政府が先に、エネルギー料金の上限を定める新法の草案を公表。同業界の監督機関Ofgemが標準変動料金の上限を決め、格安料金体系との格差解消を図るもので、標準変動料金を支払う約1,200万世帯への恩恵が期待されるが、企業側にとっては業績の圧迫が懸念されている。

SSEは、1年以上にわたり今後の事業計画を模索していたとして、今回の取引と政府の新規制は無関係だと説明。両社の事業統合に伴い、「顧客にとってより効率的で、機敏で、革新的になれる」と自信を示した。

■上半期は13.9%減益

SSEは併せて、上半期(4~9月)の税引き前利益(特別損益除く)が4億960万ポンドとなり、前年同期比13.9%減少したと発表した。営業利益(特別損益除く)は8%減の5億8,620万ポンド。うち卸売部門と小売部門が増益となった一方、送電・送ガスのネットワーク部門は大きく落ち込んだ。[M&A]


関連国・地域: 英国ドイツ
関連業種: 金融天然資源電力・ガス・水道小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

保守党との閣外協力を放棄も 北アのDUP、離脱協定案に反発(11/21)

スイスの時計輸出、10月は7.2%拡大(11/21)

西政府、ジブラルタル巡り離脱協定案に難色(11/21)

連立政権、非EU市民の移民規制緩和で合意(11/21)

格安航空イージージェット、通期は42%増益(11/21)

CBI製造業受注、11月は加速に転じる(11/21)

給食コンパス・グループ、通期は2.3%増益(11/21)

BHP、3億ドル超追納で豪国税局と和解(11/21)

仏政府、大学の英語による授業を拡充へ(11/21)

保険プルデンシャル、越でプラごみ削減へ(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン