• 印刷する

独商議所、成長見通し引き上げ 過去最高水準の景況感受け

ドイツ商工会議所連合会(DIHK)は19日発表した最新の企業景況感調査の中で、今年の国内総生産(GDP)成長率見通しを前回5月時点の1.8%から2%に引き上げた。景況感が過去最高水準に達しているためで、来年は2.2%に加速すると予想している。

約2万7,000社を対象に行われた調査によると、業況が「良い」と回答した企業の割合は全体の51%に上り、「まあまあ」が43%、「悪い」は6%だけだった。また向こう1年間で業況が「改善する」との回答は25%、「安定的」が64%で、「悪化する」との見方は11%だった。

DIHKは「国内経済はフル回転している」として、好調な経済は内需と輸出に支えられている上、投資が新たに原動力になっているという。ただ企業は輸出について、米国政府の政策の不透明感や英国の欧州連合(EU)離脱、トルコの状況などから伸びはわずかにとどまると予想している。

なお、今後の成長の懸念材料として企業の指摘が多かったのは、熟練労働者の不足と労働コストの上昇だった。またユーロ高の影響で生産者物価が押し上げられるとの懸念も示された。[労務]


関連国・地域: 英国ドイツトルコ米国
関連業種: 金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

INRIXとヒア、モビリティー技術で提携(12/11)

スカニア、水素燃料電池のごみ収集車開発へ(12/11)

貿易収支、10月は黒字縮小(12/11)

物流パレットウェイズ、ハンガリー進出(12/11)

昨年のテロ件数、トルコが欧州で最も減少(12/11)

BMW、自動運転開発部門の新トップを指名(12/11)

オランダ、航空券に一律7ユーロの課税検討(12/11)

JACリクルートメント、ドイツに新拠点(12/11)

FCG、印OLXと中古車販売で提携(12/11)

ドイツ鉄道、従業員のストでダイヤ大幅乱れ(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン