• 印刷する

英国の在留資格申請を簡素化へ メイ首相がEU市民に約束

メイ首相は19日、欧州連合(EU)離脱後のEU市民の在留資格の申請手続きをできる限り簡素化する方針を明らかにした。EU首脳会議(サミット)を翌日に控える中、在英EU市民への公開書簡として発表したもので、離脱交渉の行き詰まりを打開する狙いがある。

同首相は書簡の中で、現在、英国在留資格を持つEU市民はブレグジット後もその資格を保持できると明言。また「将来的に在留資格を申請する人向けに簡素化したデジタル手続きを策定する」として、EU市民代表者や技術専門家、法務専門家から成るグループと協力してプロセスを構築すると述べた。コストも最小限に抑える方針で、英国民のパスポート申請費用と同等にするとしている。これまで英国に居住するEU市民の永住権申請は、極めて煩雑で官僚主義的との批判が出ていた。

その上で、EU内に居住する英国人も同様な扱いを受けることを期待すると表明。交渉ではEU側にも柔軟性と創造力が求められると述べ、「市民の権利に関する協議は数週間以内に決着できる自信がある」と話した。

20日のEUサミットでは、英国を除く27カ国が離脱交渉の進捗(しんちょく)状況を評価するが、英国との将来的な貿易協定の協議に進むには不十分との結論を下すとみられている。トゥスク欧州理事会議長(EU大統領)は、今回の首脳会議では飛躍的な進展はないものの、12月のEUサミットまでには進展がある可能性を示している。

なお19日、ブレグジットを強く支持する与党・保守党と最大野党・労働党の議員や産業界の代表者はメイ首相に公開書簡を送付。EU側が態度を軟化させない場合は、2019年3月のEU離脱の日から世界貿易機関(WTO)のルールを適用する前提で作業を進めることを正式に宣言すべきだと主張している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ率、12月は0.6%に加速(01/21)

生産者物価、12月は0.4%低下(01/21)

英国内最大漁港、水揚げ量が減少=EU離脱(01/21)

IAG、エア・ヨーロッパの買収額を半減(01/21)

シェル、ごみ由来航空燃料の生産から撤退(01/21)

米ウェザーフォード、英製造部門の閉鎖検討(01/21)

自動車ボクソール、新トップに元日産幹部(01/21)

第一三共、欧州でがん治療薬が販売承認(01/21)

国際高速鉄道ユーロスター、経営破綻も(01/21)

英、400万人超に初回のワクチン接種完了(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン