• 印刷する

製造業受注、8月は3.6%増加

ドイツ連邦経済技術省は6日、8月の製造業受注指数(2010年=100、稼働日数・季節調整済み)が119.5ポイントとなり、前月比3.6%上昇したと発表した。中間財と消費財が特に好調だった。

8月は国内受注が2.7%増加。国外は4.3%増え、うちユーロ圏が1%落ち込んだ半面、非ユーロ圏が7.7%伸びた。全体の分野別では中間財が6.7%、消費財が4.8%それぞれ増加。投資財は1.6%のプラスだった。

ぶれの小さい2カ月ベースで見ると、7~8月の製造業受注は前の2カ月から1.8%増加している。

経済技術省は、力強い受注水準や安定した企業景況感、売上高の伸びなどが好調な将来図を描いていると指摘。製造業の堅調な上昇傾向は今後も続くとの見通しを示した。


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

メイ首相、打開策求め奔走 EU側の首脳陣と相次ぎ会談(12/12)

【欧州企業よもやま話】第269回:ヘラー 次世代車の未来照らす(12/12)

ダンスケ銀、スウェーデンの年金事業を売却(12/12)

EV電池調達に200億ユーロ ダイムラー、2030年までに投資(12/12)

フォード、欧州事業の再編に着手(12/12)

米金属部品タワー、欧州事業をFSDに売却(12/12)

ポーランドの貿易収支、1~10月は赤字転落(12/12)

ZEW景気期待指数、12月は改善(12/12)

BDI、企業に合意なし離脱の備え呼び掛け(12/12)

カールツァイスメディテック、9%増益(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン