GDP成長率、確定値も0.3% 成長ペースの減速は顕著=ONS

英政府統計局(ONS)は9月29日、2017年第2四半期(4~6月)の国内総生産(GDP、確定値)が前期比0.3%拡大したと発表した。改定値から変化がなく、伸びは第1四半期から横ばい。18四半期連続でプラス成長を維持したが、勢いは昨年第1四半期以降で最も弱い水準となっている。

産業別に見ると、英経済の原動力であるサービス業は0.4%拡大。改定値から0.1ポイント下方修正されたが、前期の0.1%からは伸びが加速している。

鉱工業は0.3%減少し、第1四半期の0.3%増からマイナスに転じた。うち水道・下水・廃棄物処理は1%縮小。製造業と電気・ガス・蒸気・空調供給は共に0.3%減っている。一方、採鉱・採石は0.6%増加した。

建設業は0.5%縮小。農林水産業は0.1%のマイナスとなった。

支出項目別では、家計最終消費支出が0.2%増加。投資を示す総固定資本形成は0.6%拡大し、前期の0.5%増からわずかに加速している。政府最終消費支出は0.1%増えた。

貿易は輸出が1.7%増加した一方で輸入の伸びは0.2%にとどまり、輸出から輸入を差し引いた純輸出はGDPを0.4ポイント押し上げた。

ONSのGDP統計担当トップ、ダレン・モーガン氏は、「上半期は減速が顕著だった。第2四半期に成長したのは、好調のサービス業界のみ」とコメント。シンクタンクの国立経済社会研究所(NIESR)は先に、英国のGDP成長率が2017年は1.7%、2018年は1.9%になるとの見方を示した。また、国際通貨基金(IMF)は、今年が1.7%、来年は1.5%になると予想している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 経済一般・統計製造一般農林・水産天然資源電力・ガス・水道金融・保険商業・サービス建設・不動産政治

その他記事

すべての文頭を開く

スイスの時計輸出、1月は12.6%拡大(02/21)

英国、大幅な規制緩和を否定 離脱後巡るEUの懸念を打ち消し(02/21)

金融HSBC、通期は2.5倍弱に増益(02/21)

ホテルのインターコンチ、通期は7%増益(02/21)

テスラの「モデルS」、欧州販売で独勢超え(02/21)

イケア、英顧客にグリーン電力への変更促す(02/21)

衣料品アルカディア、中国社が買収を計画(02/21)

電子商取引ハウテ、マレーシア社が出資(02/21)

デリバルー、中国進出に消極的(02/21)

KFC、在庫不足で英店舗の5割が一時休業(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン