• 印刷する

フランスでオーガニック食品がブームに

フランスでオーガニック食品のブームが続いている。2017年上半期(1~6月)のオーガニック食品の販売高は前年同期と比べて5億ユーロ増加した。有機農業の発展や促進を目的とする有機農業庁(Agence BIO)が公表したデータで明らかになった。

オーガニック専門店の売上高は、前年同期と比べて1億5,600万ユーロ増えた。店舗数も増加傾向が続き、6月末までに133店舗のオーガニック専門店が新設。新ブランドのビオセボン(Bio c’Bon)だけでなく、既存のビオコープ(Biocoop)やラビクレール(La Vie Claire)、さらにはカルフールやオーシャン(Auchan)などの大型スーパーマーケットもオーガニック専門店を開店させている。2016年のオーガニック食品の市場規模は、既に70億ユーロに達している。

仏食品環境労働衛生安全庁(ANSES)が6月に発表した調査によると、オーガニック食品の中でも特に卵、乳製品、果物、野菜が多く消費され、成人の4割超が「常に」または「頻繁に」有機農業の製品を消費していると回答した。


関連国・地域: フランス
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品農林・水産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

アグリコル、西サンタンデールと事業統合へ(04/18)

キングスパン、ベルギー社の2事業に買収案(04/18)

マクロン大統領「5年でノートルダム再建」(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

【ウイークリー統計】第35回 牛乳の使い道とアイスクリーム(04/18)

ユーロ圏貿易収支、2月は黒字拡大(04/18)

独政府専用機またも緊急着陸=旅客便に影響(04/18)

防衛タレス、印カルヤニと兵器開発で提携(04/17)

カルフール、店内店舗で中国・国美と提携(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン