• 印刷する

仏で労働法改革への抗議スト=空の便にも影響

仏労働総同盟(CGT)は12日、マクロン大統領の労働法改革に抗議する目的で、ゼネストを実施した。全国で180件のデモ行進と4,000件のストが決行されたとみられる。ブルームバーグなどが伝えた。

争点となっている労働法改革案は、雇用規制を簡素化し、労組の影響力を弱めるもの。中小企業を中心に雇用主が産業別労働協約を回避して賃金や労働時間を従業員と直接交渉できることや、不当解雇の判決による制裁金の上限設定などの内容が盛り込まれている。CGTはこれを政府による「宣戦布告」と表現し、同改正案の詳細が公表された8月31日にゼネスト実施を宣言していた。

ストの影響はあらゆる公共交通機関に及び、パリの通勤列車や港湾の一部に影響が出たほか、フランス発着や仏上空が飛行ルートに含まれるフライトが多数欠航した。アイルランドの格安航空大手ライアンエアーは110便をキャンセルし、乗客2万人が予定変更を余儀なくされた。英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)も16便をキャンセルした。[労務]


関連国・地域: 英国フランスアイルランド
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独仏、ユーロ圏共通予算の枠組みを提案(11/21)

ゴーン氏、仏政府が解任要求 ルノー、処遇判断へ(11/21)

ソジェン、米制裁違反巡り13億ドルで和解(11/21)

世界のワイン生産量、過去18年で最高水準に(11/21)

小売りカジノ、ライフペイの株式5%取得(11/21)

失業率、第3四半期は横ばいの8.8%(11/21)

仏政府、大学の英語による授業を拡充へ(11/21)

日産のゴーン会長が逮捕 報酬額など巡る不正行為で(11/20)

テレコムイタリア、新CEOにグビトーシ氏(11/20)

ユーロ圏建設業生産、9月は2%増加(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン