EU法の「廃止法案」を可決 下院で賛成多数、委員会での審議へ

英下院は12日未明(現地時間)、英国の欧州連合(EU)離脱に向けた「廃止法案」の採決を行い、326対290の賛成多数で可決した。EU法を廃止して国内法に置き換えるための最重要法案で、最初の関門を突破した格好。これを受けて議会での審議は次の段階へ進むこととなる。

11日に始まった同法案の第2読会では、審議が8時間に及んだ。与党・保守党の議員は全員が賛成に回った。メイ首相はこの法案について「確実性と明確性」を担保するものだとした上で、「やるべきことはまだたくさんあるが、今回の決定により強固な基盤を得て交渉に向かえる」とコメント。一方、最大野党・労働党は「議会民主主義に対する侮辱だ」と批判している。

廃止法案はまず冒頭で、英国のEU加盟を定めた国内法である「1972年欧州共同体法」を廃止。これにより、EU法の国内法に対する上位性が廃止され、新たなEU法は英国に適用されなくなる。既存のEU法の内容は引き続き効力を持つが、今後は英国が独自に修正・廃止できるようになる。廃止法案では個々のEU法の内容には触れず、一括して国内法に置き換え、不足部分については英国がブレグジット後2年以内に修正できるとしている。

法案は今後、委員会での詳細な審議に入る。政府は、8日間にわたり計64時間の協議を進めるスケジュールを提案し、議会はこれを318対301の賛成多数で承認している。法案はその後、上院に回され、下院への差し戻しが必要かを判断される。[EU規制]


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

アリオン銀行、2カ国のナスダックに上場へ(05/21)

セインズベリー買収計画で聞き取り調査(05/21)

英政府、シェールガス開発の追加支援策発表(05/21)

ロイズ銀、愛の住宅ローン資産を売却(05/21)

製薬アストラゼネカ、第1四半期は38%減益(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

車の最先端技術、英国で32万人の雇用創出も(05/21)

DEPA、送ガス子会社を伊エニに売却(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン