• 印刷する

ドイツ総選挙、TV討論はメルケル首相に軍配

連邦議会選挙を24日に控えたドイツで3日夜、与党・キリスト教民主同盟・社会同盟(CDU・CSU)を率いるメルケル首相と連立相手である社会民主党(SPD)のシュルツ党首によるテレビ討論が行われた。両者は移民問題などについて主張を展開。直後に公表された視聴者調査では、49%がメルケル首相をより信頼できるとし、シュルツ氏の29%を大きく上回った。

視聴者調査は、公共放送ARDが世論調査機関インフラテスト・ディマップに委託し、1,048人を対象に電話で行われた。メルケル首相をより説得力ある候補者と評価したのは55%と半数を超え、シュルツ氏(35%)を引き離した。

1時間半以上に及んだ討論で、メルケル首相は2015年に難民に国境を開放した判断について「絶対的に正しい」と強調。シュルツ氏は受け入れに同調した半面、受け入れ後の対応に苦言を呈し、他の欧州諸国とより上手く連携すべきだったと批判した。また、将来の移民政策について、シュルツ氏が汎欧州の移民法の導入を訴える一方、メルケル氏はあくまで技能に基づく移民の受け入れに軸を置くとした。

トルコとの外交関係を巡っては、メルケル首相は同国の欧州連合(EU)加盟交渉を中止させると主張。この発言はシュルツ氏が同様の公約を掲げた直後に出たもので、メルケル氏は他のEU首脳に掛け合うと述べた。これを受けて、トルコのエルドアン大統領の広報担当者は「ポピュリズムにふけっている」と批判している。

北朝鮮の弾道ミサイル問題に絡む米政権との連携について、メルケル首相は自らの立場を強みとし、トランプ米大統領や韓国、日本など関連国首脳と会談を行う準備があるとアピールした。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツEUトルコアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ING、独コメルツ銀との提携視野に接近か(04/18)

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

ダイムラー、電池素材の米新興企業に出資(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

金融当局、ワイヤーカード株取引で刑事告訴(04/18)

ドイツの対露投資、過去10年で最高に(04/18)

【ウイークリー統計】第35回 牛乳の使い道とアイスクリーム(04/18)

ドイツ機械受注高、2月は10%減少(04/18)

ユニリーバの会長、米バイオ企業の取締役に(04/18)

ボッシュ、独南西部に音響試験センター開設(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン