• 印刷する

仏LVMH、「アクリマタシオン庭園」を改修へ

仏高級ブランド大手LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンは29日、パリ市内にある「アクリマタシオン庭園」を改修すると発表した。同庭園の本格改修は1860年以降、初めて。着工は9月4日で、改修期間中は庭園の一部が閉鎖される。再開園は、来年5月1日を予定する。

今回の改修計画の総投資額は約6,000万ユーロ。うち、園内にある遊園地では、既存の25種の乗り物を刷新するほか、大人と子供の両方を対象とした17種の乗り物を新設する計画で、19世紀の蒸気機関を連想させるサイエンスフィクション(SF)のジャンル「スチームパンク」を主題としたテーマパークに生まれ変わる。また、園内建築物の改修や新たな遊歩道の整備、飲食店の見直しなどを実施し、年間訪問客数を現在の200万人から300万人に引き上げたい考えだ。

アクリマタシオン庭園は、ブローニュの森の北側に位置する。敷地面積は18万平方メートル。園内には遊園地や農場、動物園などが併設されている。LVMHは1984年から、アクリマタシオン庭園の管理を担当。昨年9月には新たに、同社が主導するコンソーシアムが向こう25年間の運営権を獲得した。今回の計画は、パリ市やフランスの歴史的建造物の改築を手掛けるフランス建造物建築家(ABF)らとともにまとめたという。


関連国・地域: フランス
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道観光メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

仏政府、3都市で「黄色いベスト」運動規制(03/20)

HCSF、金融機関に自己資本強化を要請(03/20)

PSA、伊フィアットとの合併も視野に(03/20)

ヤマハ発動機、販売金融子会社が仏で開業(03/20)

自動車部品ヴァレオ、印に新R&D施設(03/20)

ユーロフィン、台湾でM&A推進へ(03/20)

ユーロスター遅延、パリ北駅で最大5時間(03/20)

生活費の高い都市ランキング、パリが首位に(03/20)

ユーロ圏貿易収支、1月は黒字縮小(03/19)

OTP銀、スロベニア行の入札で最高額提示(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン