• 印刷する

バッキンガム宮殿前の警官刺傷事件、2人目逮捕

バッキンガム宮殿前で25日夜に発生した刺傷事件を巡り、ロンドン警視庁は27日、テロ関与の容疑で新たに30歳の男の身柄を拘束した。事件当日に逮捕された実行犯に続き2人目。事件では警官3人が刃物で切り付けられ負傷している。BBC電子版などが伝えた。

実行犯は職務質問を受けている最中に、所持していたナイフで警官を次々と刺した。居合わせた他の警官にその場で身柄を拘束された。男は犯行中、「アッラーフ・アクバル(神は偉大なり)」と繰り返し叫んでおり、当局はテロ行為として捜査を進めている。なお事件当時、バッキンガム宮殿に王室メンバーは不在だった。

新たに拘束された男は、テロの実行や準備に関与していた疑いが持たれている。警視庁はロンドン西部にある自宅で家宅捜索を行った。

英国では今年に入り、テロ事件が相次いでいる。3月にロンドン中心部のウェストミンスター宮殿(国会議事堂)付近で車が歩道に乗り上げ、犯人を含め5人が死亡。マンチェスターでは5月にコンサート会場で自爆テロが起き、少なくとも22人が死亡し、60人近くが負傷した。6月にはロンドンブリッジでのテロで7人が犠牲になっている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

骨検査による難民の年齢判定、仏で合憲判断(03/25)

英各省庁、緊急対策を始動 合意なき離脱の可能性に備え(03/25)

スウェドバンク、資金洗浄の調査結果を公表(03/25)

日本税関、英離脱後のEPA適用日程を公表(03/25)

ドイツ銀、合意なき離脱の確率引き上げ(03/25)

スミス・グループ、医療機器部門を分離へ(03/25)

欧州商用車登録台数、2月は4.7%増加(03/25)

ロイヤル・メール、新会長を指名(03/25)

トーマス・クック、英国で21店舗を閉鎖へ(03/25)

ビクトレックス、蘭社の3D印刷技術に投資(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン