英国人消費者の節約傾向、過去2年で最大に

英国人消費者の節約傾向が、ここ2年で最も強まっていることが分かった。米調査会社ニールセンのリポートを元に、ロイター通信などが17日伝えた。

それによると、第2四半期(4~6月)に何らかの支出を切り詰めた消費者は全体の約53%。2015年第2四半期(56%)以降で最大の割合に達した。背景には、英国の欧州連合(EU)離脱の決定が招いたポンド安によりインフレが加速し、家計の実質所得が目減りしていることがある。

最も一般的な節約手段は、低価格の食品ブランドへの乗り換え。ガスや電気の省エネ努力がこれに続き、新しい服をなるべく買わない、ファストフードを控える、といった行動も目立った。

ブレグジットを巡る2016年6月の国民投票後の2カ月は、「倹約派」の割合は過去最少の40%に低下していた。しかしそうした状況はここ1年で大きく変化。過去2年にわたり英国経済を下支えしてきた個人消費の失速が鮮明になっている。


関連国・地域: 英国EU米国
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料アパレル・繊維天然資源電力・ガス・水道金融・保険商業・サービス社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン