ドイツ、ECBの量的緩和めぐりEUに判断付託

ドイツ連邦憲法裁判所は15日、欧州中央銀行(ECB)の公的部門証券買い入れ(PSPP)がドイツ基本法(憲法に相当)に抵触する疑いがあるとして、欧州司法裁判所に判断を付託した。同行の権限を超えた行為との見方を示している。 ECBは現在、量的緩和策として総額2兆3,00…

関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 経済一般・統計金融・保険商業・サービス政治


その他記事

すべての文頭を開く

チェコの乗用車生産、1~5月は横ばい(06/22)

ダイムラー、通期見通し下げ 米中摩擦による輸出減見越し(06/22)

川崎重工、ABBとインターフェース開発(06/22)

独仏、EU内の法人税制調和で共同提案へ(06/22)

商用車オトカ、ワルシャワからバス受注(06/22)

タイヤのコンチ、パワートレイン部門上場か(06/22)

シーメンス、事業再編策を8月に公表へ(06/22)

ドイツ銀、米外為不正操作で罰金2億ドル(06/22)

三菱商事、英で送電事業の優先交渉権を獲得(06/22)

大陽日酸、リンデと米プラクスエアの資産取得か(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン