• 印刷する

2024年パリ五輪、CO2排出量を半減へ

2024年にパリで開催される予定の夏季オリンピック(五輪)・パラリンピックは、2012年のロンドン大会や2016年のリオデジャネイロ大会と比べて、二酸化炭素(CO2)排出量を半減させることを目指している。同国の組織委員会は環境に配慮した大会として、地球温暖化対策の国際的枠組みであるパリ協定との同調を約束した。仏紙ルモンドなどが15日伝えた。

パリ五輪では、運営準備に伴うCO2排出量を156万トンに抑える方針。排出量のカウントは開会式の7年前から始まり、会場の建設から電子メールのやり取りに至るまで全ての準備作業が対象となる。過去2大会の排出量はそれぞれ約350万トンで、パリが目標を達成した場合、実に55%が削減されることになる。

パリでの五輪開催は100年ぶり。誘致の段階から環境保全を重要なテーマに据え、新設する施設を絞ったため、会場の60~80%は既存施設で賄える見通しだ。

パリ協定は、温室効果ガスの排出削減に向けた2020年以降の世界的な取り組みを規定したもので、2015年12月にパリで開かれた国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の第21回締約国会議(COP21)で採択され、昨年11月に発効。ただ、6月には米国が離脱している。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国フランス米国中南米
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

キングスパン、ベルギー社の2事業に買収案(04/18)

アグリコル、西サンタンデールと事業統合へ(04/18)

マクロン大統領「5年でノートルダム再建」(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

【ウイークリー統計】第35回 牛乳の使い道とアイスクリーム(04/18)

ユーロ圏貿易収支、2月は黒字拡大(04/18)

独政府専用機またも緊急着陸=旅客便に影響(04/18)

防衛タレス、印カルヤニと兵器開発で提携(04/17)

カルフール、店内店舗で中国・国美と提携(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン