• 印刷する

仏料理評論家クリスチャン・ミヨー氏が死去

フランスの料理評論家でジャーナリストのクリスチャン・ミヨー氏が5日死去した。88歳だった。AFP通信などが伝えた。

ミヨー氏は1970年代、フランス語で「新しい料理」を意味する「ヌーベル・キュイジーヌ」を提唱。より軽く、盛り付けの美しい料理を新しいフランス料理として後押しした。この潮流の下で生まれた料理は、バターとクリームを多用した従来の重い料理に代わり、フレンチレストランのメニューに取り入れられた。また、同氏はシェフがレシピ本を出版したり、テレビの料理番組に出演することも奨励し、いわゆる「セレブリティー・シェフ」の生みの親となった。

1969年には同僚のアンリ・ゴー氏と共にグルメ雑誌「ゴー・ミヨー」を創刊。今や世界12カ国で出版されて、タイヤで欧州最大手の仏ミシュランが発行する格付けガイドブック「ミシュランガイド」に次ぐ影響力を誇る。

「ゴー・ミヨー」のコーム・ドシェリゼー最高経営責任者(CEO)はミヨー氏の功績を、世界中の食文化に変化をもたらし、ジョエル・ロブション氏やミシェル・ゲラール氏ら著名なシェフを支援したと称えた。


関連国・地域: フランス
関連業種: 食品・飲料その他製造メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー・日産・三菱、グーグルと技術提携(09/19)

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

重電アルストム、上海地下鉄にシステム供給(09/19)

英仏漁業団体、ホタテ漁問題巡り合意(09/19)

コロン仏内相、リヨン市長選出馬で退任へ(09/19)

UBS、フランクフルトを欧州事業の本拠に(09/18)

トルコ自動車生産、8月は34%減少(09/18)

スエズ、英の廃棄物発電に1億ポンド超投資(09/18)

マクロン大統領の評価、政権発足後で最低に(09/18)

イケア、世界5都市の宅配にEV導入へ(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン