独アルディ、オランダ産の卵を全面回収

独格安スーパー大手アルディは4日、ドイツの店舗で販売しているオランダ産の卵の販売を中止し回収すると発表した。殺虫剤に汚染されているおそれがあるため。ロイター通信などが伝えた。

回収の対象となるのはオランダの家禽(かきん)農家で生産された卵で、鶏舎でダニの駆除に使用されたフィプロニルが残留している可能性があるという。オランダ食品・消費者製品安全庁(NVWA)は、汚染の可能性があるのは限られた種類の卵で、シリアルナンバーで全て追跡可能としている。しかし、アルディはドイツの4,000店舗超で販売されている全ての卵の回収を決定した。また、独同業リドルやレーベ(REWE)も同様の措置を取っている。蘭アホールド・デレーズ傘下のアルバート・ハイン(Albert Heijn)も14種類の卵を撤去した。

世界保健機関(WHO)によると、フィプロニルは中程度の毒性とされており、大量に摂取した場合は吐き気や目まいを起こす可能性がある。過剰摂取で腎臓や肝臓、リンパ腺に影響することもある。

アルディは、第三者機関か有資格機関による検査で安全性が確認された卵のみを販売するとし、当面は卵が不足する可能性があるとしている。


関連国・地域: ドイツオランダ
関連業種: 食品・飲料医療・薬品農林・水産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアベルリン、9月中に売却合意へ 引受先は2社以上を想定(08/18)

住みやすい都市、欧州首位はウィーン(08/18)

<連載コラム・環境フォーカス>第16回 「2速度の欧州」がEU環境規則に及ぼす影響(08/18)

ダイムラーとBMW、カーシェア統合に進展も(08/18)

インフレ率、7月は改定値も1.3%(08/18)

ユーロ圏貿易収支、6月は黒字縮小(08/18)

ドイツポスト、フォードと開発の電気バン披露(08/18)

仏のコニャック出荷量、10.2%増加=3年連続(08/18)

シーメンス、ドイツ国内に「e高速道路」敷設へ(08/18)

労働生産性、世界首位はルクセンブルク(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン