• 印刷する

仏エスカルゴ農家、原産地表示を呼び掛け

パッケージで「エスカルゴ・ド・ブルゴーニュ(Escargots de Bourgogne)」をうたっていても、実はブルゴーニュ産ではない――。エスカルゴ農家団体のAspersaと加工食品団体ADEPALEが、地産地消と原産地表示を訴えている。仏メディアのザ・コネクションが伝えた。

フランスの郷土料理として有名なエスカルゴだが、伝統的なブルゴーニュの品種は過度の収穫や開発による生息地の減少で数が激減。養殖が難しいため、市販されているものはほぼ全てハンガリーやウクライナなど東欧産だ。一方、現在ブルゴーニュで養殖されているのは「プチ・グリ(petit gris)」や「グロ・グリ(gros gris)」という別の品種である。

地元農家は2013年、原産地表示を義務付けるよう請願。議会で議論されたが、法律化には至らなかった。

ブルゴーニュには約300戸の農家がいるものの、年間7,500万ユーロとされるフランスのエスカルゴ市場に占める割合はわずか5%。小規模生産を行う地元農家は苦境に立たされており、環境意識の向上による地元産の人気の高まりを追い風に、消費者が原産国を認識して商品を選べるようにすべきとあらためて主張している。


関連国・地域: フランスハンガリーウクライナ
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ゴーン氏、会社法違反で東京地検が追起訴(04/23)

AGC、ハンガリー工場の生産能力拡大(04/23)

エンジー、米エムコア・グループの買収検討(04/23)

4月は過去3カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(04/23)

仏黄色いベスト運動、聖堂再建の寄付金批判(04/23)

キングスパン、ベルギー社の2事業に買収案(04/18)

アグリコル、西サンタンデールと事業統合へ(04/18)

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

マクロン大統領「5年でノートルダム再建」(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン