• 印刷する

石油シェル、第2四半期は31%増益 非中核資産の売却が奏功

英蘭資本の石油メジャー、ロイヤル・ダッチ・シェルは27日、第2四半期(4~6月)の純利益が15億4,500万ドルとなり、前年同期比31%増加したと発表した。原油価格の回復が追い風になったほか、非中核資産の売却などを含むコスト削減策が奏功した。

在庫評価変動の影響と特別損益を除いた純利益は36億400万ドルと3.5倍近くに拡大。これを事業別に見ると、探査・採掘の上流部門は3億3,900万ドルと、1年前の13億2,500万ドルの赤字から黒字に回復した。製油や販売を手掛ける下流部門とガス部門はそれぞれ39%、35%の増益だった。石油・ガスの生産量は日量267万2,000石油換算バレルと、2%拡大している。

シェルは大規模な人員削減を含む事業の再編と合理化を進めており、2018年までに総額300億ドルの非中核資産を売却する方針。当期には、アイルランド北西沖のコリブ(Corrib)・ガス田資産やニュージーランドのカプニ(Kapuni)・ガス資産の売却が決定した。

ベン・ファンビューデン最高経営責任者(CEO)は、今回の好業績は昨年2月に買収が完了した英ガス・石油大手BGグループの統合に伴い、自社の立て直しが進んでいることを示すものと評価。今後も、資本効率化やコスト管理、新規プロジェクトの実行、事業売却に注力していくとした。[M&A]


関連国・地域: 英国アイルランドオランダアジア
関連業種: 化学天然資源電力・ガス・水道小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、7カ国と「A400M」の契約改定(06/17)

FCA、エンジーなどとEV充電網で提携(06/17)

英政府、中国・華為問題巡り通信各社に忠告(06/17)

ノルウェー、韓国と北極研究の協力で覚書(06/17)

ハンコック保健相、保守党党首選から撤退(06/17)

駐在員の生活費、欧州首位はチューリヒ(06/17)

アイリスオーヤマ、パリ南東郊の工場が竣工(06/17)

会計PwC、監査不備で455万ポンドの罰金(06/17)

プリンスホテル、ロンドンで新ブランド開業(06/17)

ロイズと星知財当局、事業者保護支援で合意(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン