フランスの求職者手当、平均約1千ユーロに

欧州域内でとりわけ手厚いことで知られるフランスの求職者手当が、月額で平均1,010ユーロに上ることが分かった。失業保険制度を運営する全国商工業雇用連合(UNEDIC)の最新調査を元にAFP通信が伝えた。

フランスの現行制度下では、求職者は前職の月給の最大65%を受け取ることができる。ただし月額6,500ユーロが上限。UNEDICによると、最高額の受給者は約500人で全体の0.02%に当たる。

求職者手当ての受給者総数は251万人。うち女性が51%と、男性(49%)をやや上回る。また受給者のうち完全失業者は175万人で、76万7,000人は低賃金労働に従事しながら手当てを受け取っている。これは就労促進に向けた制度の目的上、認められており不正受給に当たらない。結果として、こうした二重所得者の平均月収は1,240ユーロと、フランス人の平均月給を若干上回るという。[労務]


関連国・地域: フランス
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

ファーンバラ航空ショー開幕 MRJはデモ飛行実施(07/17)

欧州企業もイラン制裁対象に 米国、EUの嘆願拒否=8月再開(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

通信オレンジ、ベースファームを買収(07/17)

トタル、公益エンジーのLNG事業買収完了(07/17)

ボルタリア、エジプトで再生エネ分野に投資(07/17)

欧州委、シーメンスとアルストム統合を調査(07/17)

パリの地下鉄、W杯優勝で駅名一時変更(07/17)

ソジェン、アブダビ行からヨルダン事業取得(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン