• 印刷する

フランスの求職者手当、平均約1千ユーロに

欧州域内でとりわけ手厚いことで知られるフランスの求職者手当が、月額で平均1,010ユーロに上ることが分かった。失業保険制度を運営する全国商工業雇用連合(UNEDIC)の最新調査を元にAFP通信が伝えた。

フランスの現行制度下では、求職者は前職の月給の最大65%を受け取ることができる。ただし月額6,500ユーロが上限。UNEDICによると、最高額の受給者は約500人で全体の0.02%に当たる。

求職者手当ての受給者総数は251万人。うち女性が51%と、男性(49%)をやや上回る。また受給者のうち完全失業者は175万人で、76万7,000人は低賃金労働に従事しながら手当てを受け取っている。これは就労促進に向けた制度の目的上、認められており不正受給に当たらない。結果として、こうした二重所得者の平均月収は1,240ユーロと、フランス人の平均月給を若干上回るという。[労務]


関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

EU、長期延期に条件提示も 英国の離脱延期申し入れ巡り(03/18)

フランス、アフリカに25億ユーロ投資(03/18)

16歳の環境活動家、ノーベル平和賞候補に(03/18)

<ブレグジットと欧州の行方>第15回 「泥沼の女」メイ首相に3度目、4度目の正直はあるのか(03/18)

三井化学、仏で新素材のコンセプトカー披露(03/18)

ユーロスター、税関職員抗議で運行支障続く(03/18)

独オペル、ロシアでの販売再開へ(03/18)

欧州新車登録、2月は1%減少(03/18)

EUの難民申請件数、昨年は11%減少(03/18)

ルノー、ゴーン被告の側近を降格=役員刷新(03/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン