フランスの求職者手当、平均約1千ユーロに

欧州域内でとりわけ手厚いことで知られるフランスの求職者手当が、月額で平均1,010ユーロに上ることが分かった。失業保険制度を運営する全国商工業雇用連合(UNEDIC)の最新調査を元にAFP通信が伝えた。

フランスの現行制度下では、求職者は前職の月給の最大65%を受け取ることができる。ただし月額6,500ユーロが上限。UNEDICによると、最高額の受給者は約500人で全体の0.02%に当たる。

求職者手当ての受給者総数は251万人。うち女性が51%と、男性(49%)をやや上回る。また受給者のうち完全失業者は175万人で、76万7,000人は低賃金労働に従事しながら手当てを受け取っている。これは就労促進に向けた制度の目的上、認められており不正受給に当たらない。結果として、こうした二重所得者の平均月収は1,240ユーロと、フランス人の平均月給を若干上回るという。[労務]


関連国・地域: フランス
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

IBM、仏で1800人雇用へ=AIなど強化(05/24)

5月は過去1年半で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(05/24)

失業率、第1四半期は8.9%に悪化(05/24)

仏国鉄の改革案、従業員の95%が反対(05/24)

ウェールズの鉄道運営権、仏西連合が落札(05/24)

太平洋工業、センサータのバルブ事業を買収(05/24)

ルノー・日産・三菱、新興企業に5千万ドル(05/23)

ギリシャの農協、ステビア加工工場開設も(05/23)

カルフール、ディアから取得の店舗売却も(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン