ドイツ、外資による買収の規制強化 技術流出懸念の高まり受け

ドイツ政府は12日、外国企業による国内企業の買収を規制する案を閣議承認した。政府は重要技術の国外流出を避けるため、買収を阻止できるようになる。背景には、中国企業によるドイツ企業の技術取得への懸念が高まっていることがある。

この案は外国貿易規則を修正するもの。現行規則では、エネルギーや国防上の安全保障が脅かされない限り、政府は外資による国内企業の買収を阻止できないが、修正後は技術の流出により病院や電力網などの重要インフラが危険にさらされる恐れがあると判断すれば、待ったをかけられるようになる。また、政府による買収計画の審査期間も従来の2カ月から4カ月に延長される。この修正法案は、議会の承認を必要としない。

ツィプリース経済・エネルギー相は、「ドイツは依然として世界で最も開かれた経済の1つ」とした上で、「国内企業はドイツほど開かれていない国の企業との競争を強いられる場合もあり、公正な競争条件を確保する必要がある」と話している。

ドイツでは、中国の家電大手、美的集団(ミデア)が昨年に独産業ロボット大手クーカ(KUKA)を買収したことを契機に、中国企業による買収について技術流出などの観点から是非を問う議論が巻き起こっていた。政府はその後、昨年10月に中国福建投資基金(FGC)による半導体製造装置メーカーの独アイクストロン(Aixtron)の買収の承認を取り消している。


関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 経済一般・統計IT・通信電機医療・薬品製造一般天然資源電力・ガス・水道政治

その他記事

すべての文頭を開く

独フェスト、ブルガリア工場に追加投資(05/23)

ギリシャの農協、ステビア加工工場開設も(05/23)

【欧州企業よもやま話】第250回・ミーレ ドイツが誇る家電の老舗(05/23)

中国の自動車関税引き下げ、BMWなど恩恵(05/23)

独経済は堅調を維持=連銀月報(05/23)

ズベルバンク、トルコ子会社売却で合意(05/23)

ルフトハンザ、北米路線で格安料金導入へ(05/23)

シーメンス、クリーン・モーションと提携(05/23)

グラマー、米自動車部品TMDを買収へ(05/23)

南ア政府、BMWなどに生産倍増を呼び掛け(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン