• 印刷する

GfK消費者信頼感、6月は過去1年で最低

市場調査会社GfK―NOPは6月30日、6月の英国の消費者信頼感指数がマイナス10ポイントとなり、前月から5ポイント低下したと発表した。落ち込みは市場予想を上回り、欧州連合(EU)離脱の決定直後の昨年7月以降で最低を記録した。

GfKは毎月、欧州委員会の委託により、英国の消費者を対象に過去12カ月と向こう12カ月の経済状況を調査している。指数がプラスだと「楽観的」、マイナスだと「悲観的」となる。今回の調査は6月1日から15日にかけて行われた。

6月は「過去12カ月の家計状況」が3ポイント悪化し、マイナス1ポイント。「向こう12カ月の家計状況」0ポイントと4ポイント低下した。「過去12カ月の一般経済状況」はマイナス25ポイント、「向こう12カ月の一般経済状況」はマイナス23ポイントで、それぞれ5ポイント、2ポイント悪化している。「大きな買い物をする意欲」は8ポイント下がり、1ポイントだった。

GfKのマーケットダイナミクス部門トップのジョー・ステイトン氏は、「今回の調査は総選挙前後に実施され、全ての項目で大きな落ち込みが見られた」と指摘。昨年の6月以降、個人消費が経済を下支えしてきたが、現在は物価上昇と賃金の伸び悩みが家計を圧迫しているほか、ブレグジットに起因する経済停滞への懸念が加速していると指摘した。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

EU、長期延期に条件提示も 英国の離脱延期申し入れ巡り(03/18)

16歳の環境活動家、ノーベル平和賞候補に(03/18)

アムステルダム、新築住居の賃貸禁止を提案(03/18)

メイ首相、離脱強硬派とDUPの説得に全力(03/18)

自由民主党、5月に党首選へ(03/18)

<ブレグジットと欧州の行方>第15回 「泥沼の女」メイ首相に3度目、4度目の正直はあるのか(03/18)

独オペル、ロシアでの販売再開へ(03/18)

インターサーブ、破産申請手続きへ(03/18)

ユーロスター、税関職員抗議で運行支障続く(03/18)

独エーオン、ケント州で熱電併給施設を建設(03/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン