主眼はEU離脱関連法案 英女王の施政方針演説

英国の議会が21日開会し、エリザベス女王が政府の作成した施政方針演説の原稿を読み上げた。演説では、向こう2年での成立を目指す27法案の概要を紹介。うち8法案が欧州連合(EU)離脱とその主要産業への影響に絡むもので、ブレグジットが今議会の主眼となることを示した。一方…

関連国・地域: 英国EU
関連業種: 自動車・二輪車農林・水産その他製造金融建設・不動産運輸IT・通信天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ロシュ、米バイオ医薬スパークのTOB延長(12/10)

労働党の地盤切り崩しへ 首相、EU離脱派優勢区に焦点(12/10)

ジョンソン首相とコービン党首が直接討論(12/10)

労働党、100日以内の緊縮財政終了を公約(12/10)

テスコ、タイ・マレーシア事業の売却を検討(12/10)

アバンティ、ウエストコースト線の運行開始(12/10)

金融HSBC、投資銀部門の新トップを指名(12/10)

タローオイル、ガーナ生産不振でCEO辞任(12/10)

蘭政府、5G入札の調達目標は9億ユーロ超(12/09)

選挙戦、NHSに争点移行 与野党が追加投資を競う(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン