主眼はEU離脱関連法案 英女王の施政方針演説

英国の議会が21日開会し、エリザベス女王が政府の作成した施政方針演説の原稿を読み上げた。演説では、向こう2年での成立を目指す27法案の概要を紹介。うち8法案が欧州連合(EU)離脱とその主要産業への影響に絡むもので、ブレグジットが今議会の主眼となることを示した。一方…

関連国・地域: 英国EU
関連業種: 自動車・二輪車農林・水産その他製造金融建設・不動産運輸IT・通信天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

英、75カ国対象に隔離策撤廃も 対象国リストは週内にも発表(07/03)

英小売業界、コロナ禍で人員削減相次ぐ(07/03)

エニ、エジプト沖でガス鉱床発見(07/03)

英政府、香港市民300万人に永住資格も(07/03)

感染広がるレスター、明白な原因見つからず(07/03)

金融市場の交渉まとまらず EU首席交渉官、英提案を拒否(07/02)

飲食店運営SSP、最大5千人を整理へ(07/02)

紳士服TMルーイン、国内全66店舗を閉鎖へ(07/02)

ネーションワイド住宅価格、6月は前年割れ(07/02)

英国、公道で電動キックボードの走行試験(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン