主眼はEU離脱関連法案 英女王の施政方針演説

英国の議会が21日開会し、エリザベス女王が政府の作成した施政方針演説の原稿を読み上げた。演説では、向こう2年での成立を目指す27法案の概要を紹介。うち8法案が欧州連合(EU)離脱とその主要産業への影響に絡むもので、ブレグジットが今議会の主眼となることを示した。一方…

関連国・地域: 英国EU
関連業種: 自動車・二輪車農林・水産その他製造金融建設・不動産運輸IT・通信天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

EU移民の優遇廃止を公約 保守党、他国出身者と「平等に」(11/19)

印鉄鋼タタ、欧州事業で人員削減を検討(11/19)

労働党、総選挙後の連立政権樹立を否定(11/19)

ロイズ銀、HBOS合併巡る株主訴訟で勝訴(11/19)

会計ソフトのセージ、決済部門を米社に売却(11/19)

南ア・シュタインホフ、英家具事業を売却(11/19)

シェル、独ライドシェア社と充電設備で提携(11/19)

労働党、ブロバン無料を公約 BT関連事業の国有化を計画(11/18)

自民党、気候変動対策への巨額投資を公約(11/18)

次期欧州委員会、12月発足も ハンガリー除く委員候補を承認(11/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン