• 印刷する

ドイツで英国人の帰化申請が急増

ドイツで英国人の帰化申請が急増している。英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けた動き。ドイツ連邦統計庁が13日発表した。

2016年の英国人によるドイツの市民権の申請件数は2,865件。前年比4.5倍超に膨らみ、過去最高を記録した。連邦統計庁は「ブレグジットとの関連性は明白」とコメント。英国人の帰化申請件数は今年も増加するとみられる。

全体では11万383件と2.9%増加。最も多かったのはトルコ人で1万6,290人だが、17.3%減っている。これにポーランド(6,632件、11.3%増)、ウクライナ(4,048件、2.9%減)、コソボ(3,966件、3.8%増)が続く。

ドイツで外国人が帰化申請するには8年以上居住する必要がある。昨年の市民権取得者の平均年齢は33歳で、平均在住年数は17年。全体の53.9%を女性が占めた。また、過半数は欧州出身者(59.4%)で、29%がユーロ圏内から来ている。


関連国・地域: 英国ドイツEUトルコポーランドセルビアウクライナ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ウーバー、フリーナウ取得に10億ユーロ超か(10/22)

南部バイエルン州、一部で14日間の封鎖措置(10/22)

独政府、地方自治体の移民追加受け入れ阻止(10/22)

マーレ、水素燃料などのR&Dを加速(10/22)

シーメンス、印に技術開発拠点を設置へ(10/22)

シーメンス、国内企業にベトナム展開を推奨(10/22)

メルセデス、印でAMGモデルを組み立て(10/22)

ドイツ、建物の換気改善に5億ユーロ補助(10/21)

ビオンテック、日本でワクチン試験開始(10/21)

生産者物価、9月は1%低下(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン