自動車部品ZF、ルーマニア社の事業買収へ

独自動車部品大手ZFフリードリヒスハーフェン(Friedrichshafen)は16日、ルーマニアのエンジニアリングサービス企業ビースピード(BeeSpeed)の自動車部門を買収することで合意した。ビースピードは過去10年間にわたり、ZFのブレーキシステム事業で提携してきた経緯がある。取引額は明らかにされていない。

今回の取引は、両社が交わした投資・事業協力協定の一環。ビースピードは自動車部門を2018年初めまでに分社化する予定で、2019年1月1日付でZFの傘下に入る。買収後、エンジニア75人はZFに移管され、ビースピードの自動車部門の責任者が引き続き、事業を主導する。

ビースピードは1994年の創業。西部ティミショアラ(Timisoara)に本拠を置き、自動車産業向けと水処理産業向けに事業を展開する。一方、ZFはルーマニアでティミショアラに安全システム、東部ロマン(Roman)にエアバッグの生産拠点を構えている。[M&A][労務]


関連国・地域: ドイツルーマニア
関連業種: 自動車・二輪車製造一般商業・サービス雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

マリンハーベスト、グダニスクに拠点開設(06/23)

製紙ストラ・エンソ、スウェーデンの工場で減産(06/23)

大和証券、フランクフルトに現地法人を設立へ(06/23)

<連載コラム・自動車産業インサイト>第15回 安定株主の無い自動車会社は非上場化の道も(06/23)

ZFとヘラー、自動運転の関連技術で戦略提携(06/23)

イノジー、グリーン電力の生産をさらに拡大(06/23)

ルーマニア、オンラインビジネスはEUで最下位(06/23)

ユーロウイングス、SIAと共同運航開始(06/23)

独与党CDU・CSU、支持率40%に上昇(06/23)

コンチネンタル、BMWの自動運転車開発に参画(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン