• 印刷する

独の求人件数、第1四半期は過去最高に=IAB

ドイツ連邦労働局の研究機関である労働市場・職業研究所(IAB)は9日、第1四半期(1~3月)の求人件数が106万4,000件となり、前年同期から7万5,000件増えて過去最高水準に達したと発表した。

ドイツの求人件数は2016年第4四半期に105万5,000件で過去最高を記録していたが、今回はさらにそれを上回った。当期の求人のうち、約77%は旧西ドイツが占める。

応募資格を見ると、職業訓練の修了者を求める求人が全体の64%と最も多く、大卒資格は16%だった。残りの20%は特に資格を定めていない。IABは「中小企業は現在、専門的な職業訓練資格を持つ人材を何よりも求めている」と分析する。

IABは3月、今年の就業者数が前年より約67万人多い4,426万人に達し、過去最高を記録するとの見通しを示していた。移民や女性、高齢者の就業拡大が背景にあると分析している。雇用の需要は、金融以外の全分野で拡大するとみている。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ウクライナ、欧州評議会から公使を召還(06/27)

消費者信頼感、7月は悪化 収入の見込み悲観視=GfK(06/27)

【ウイークリー統計】第40回 家族形態とキャンプの行き先(06/27)

アウディ、ハンガリーで官学提携の研究拠点(06/27)

独、外国車両通行料の導入中止で巨額損失(06/27)

高級車BMW、電動モデル投入計画を前倒し(06/27)

ポルシェ、カイエンなど34万台リコールへ(06/27)

VW、韓国SKと車載用電池の合弁を設立(06/27)

ドイツ銀、豪事業から撤退も(06/27)

台湾2社、欧州で電動自転車の生産拡大(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン