• 印刷する

パリ、家庭の食品廃棄物リサイクルを開始

パリ中心部の2区と12区で4日、家庭から出た食品廃棄物のリサイクルが始まった。生ごみは今後、行政が配置した専用のリサイクルボックスに入れて回収される。仏メディアのザ・コネクションが3日伝えた。

パリでは2002年にガラス、古紙、プラスチックの分別回収が始まったが、食品廃棄物については手つかずだった。施行開始前には約100人の行政職員が説明書などが入った専用キットを各家庭に配布した。今回、2区と12区を合わせて年間3,500トンの食品廃棄物の回収を見込んでいる。

パリ市は2020年までに市内全域での食品廃棄物リサイクルを目標としている。回収された食品廃棄物は、肥料のほか、バイオマス燃料としてバスなどの公共交通機関や発電に使われる。

市民1人当たりの家庭ごみ排出量は年間500キロ前後に上るが、リサイクルされているのはそのうちわずか20%という。[環境ニュース]


関連国・地域: フランス
関連業種: 食品・飲料化学農林・水産その他製造運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、ゴーン氏の会長兼CEO職解任も(01/17)

ノキア、フィンランドで年内に350人整理へ(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

パリの空港利用者数、2018年は3.8%増加(01/17)

欧州委、税制巡る加盟国の拒否権廃止を提案(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

DSオートモビルズ、SUVで韓国進出(01/17)

カルデリス、台湾社と耐火物実験室を設立(01/17)

ブロックチェーン取引VAKT、トタルなど参加(01/17)

PSAの販売台数、通期は6.8%増加(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン