残業者に家事バウチャー支給、独西部で試験展開

ドイツの家庭省は21日、西部バーデン・ビュルテンベルク州の2都市で、残業者に対して家事代行サービスに利用できるバウチャーを支給する制度を試験展開すると発表した。労働者のワーク・ライフ・バランスの実現に加え、家事代行業界における不法就労を防ぐのが目的。

今回の制度では、雇用税を支払う労働者が残業した場合、1時間あたり8ユーロ相当の家事バウチャーが支給される。これは社会保険を適用している国内の家事代行業者でのみ利用が可能。州都シュツットガルト北郊のハイルブロン(Heilbronn)とアーレン(Aalen)で2019年2月まで試験的に実施される。プロジェクト予算は約160万ユーロ。

ドイツの家庭で家事代行をしている人のうち、75~83%が未登録とされている。今回の制度はこうした不法就労を防ぐことで、合法的な業者を守る狙いもある。ベルギーで2003年から施行され成功を収めている同様の制度がモデルになっている。[労務]


関連国・地域: ドイツベルギー
関連業種: 商業・サービス社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ドイツ銀、7千人超を整理へ ゼービング新CEOが再建に着手(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

GfK消費者信頼感、6月はやや悪化(05/25)

新素材開発コベストロ、M&Aに意欲(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン