• 印刷する

残業者に家事バウチャー支給、独西部で試験展開

ドイツの家庭省は21日、西部バーデン・ビュルテンベルク州の2都市で、残業者に対して家事代行サービスに利用できるバウチャーを支給する制度を試験展開すると発表した。労働者のワーク・ライフ・バランスの実現に加え、家事代行業界における不法就労を防ぐのが目的。

今回の制度では、雇用税を支払う労働者が残業した場合、1時間あたり8ユーロ相当の家事バウチャーが支給される。これは社会保険を適用している国内の家事代行業者でのみ利用が可能。州都シュツットガルト北郊のハイルブロン(Heilbronn)とアーレン(Aalen)で2019年2月まで試験的に実施される。プロジェクト予算は約160万ユーロ。

ドイツの家庭で家事代行をしている人のうち、75~83%が未登録とされている。今回の制度はこうした不法就労を防ぐことで、合法的な業者を守る狙いもある。ベルギーで2003年から施行され成功を収めている同様の制度がモデルになっている。[労務]


関連国・地域: ドイツベルギー
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英国の離脱案「機能しない」 10月の進展が焦点=EU首脳会議(09/21)

VW、イランから撤退か=米政府の説得で(09/21)

サンタンデールUK、一部資産を本体に移管(09/21)

実質賃金、第2四半期は0.5%上昇(09/21)

アストンマーティン、IPOの仮条件設定(09/21)

起業支援ロケット、上半期は黒字化達成(09/21)

アウディ、初の市販EV披露=30分で充電(09/21)

ポルシェなど、ARディスプレー企業に出資(09/21)

VW、次世代EVプラットフォームを初公開(09/21)

ドイツ、EV普及百万台は2022年に遅延も(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン