• 印刷する

AfDのペトリ党首、総選挙で首相目指さず

ユーロ圏解体と反難民を訴える「ドイツのための選択肢(AfD)」のペトリ党首は19日、9月24日に予定される総選挙で同党の首相候補に立たない方針を明らかにした。AfDは22~23日の党大会で同氏を筆頭候補に擁立するとみられていた。

ペトリ氏は自らのフェイスブックのページに投稿したビデオ・メッセージで「さまざまな臆測に終止符を打つために、単独の筆頭候補になるつもりも首脳チームに参加するつもりもないことをこの場で宣言する」と語った。党首を辞任するかどうかには言及していないが、19日付の独紙ターゲスシュピーゲルのインタビューでは「政治もAfDも私に不可欠ではない」と話し、政治から私生活に軸足を移す可能性を示唆した。

党内右派はかねて同候補が中道寄り過ぎると批判し、追放を狙っている。AfDはペトリ党首の下で頭角を現したものの、最近は支持率が低下。世論調査機関フォルザ(Forsa)の最新調査によると、昨夏の15%から7%に落ち込んでいる。党本部はペトリ党首に換わり、経済学者のアリス・ワイデル氏を筆頭候補に推す見通し。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独、男女平等に向けた国家戦略を閣議決定(07/10)

ダイムラーCEO、コスト削減規模を拡大へ(07/10)

DHL、従業員50万人にボーナス300ユーロ(07/10)

BMW、モロッコ社からコバルト調達へ(07/10)

独EV登録台数、6月は2倍超に拡大(07/10)

貿易収支、5月は黒字拡大(07/10)

インフィニオン、カルテル巡る罰金減額(07/10)

VW、スロバキアで5億ユーロ投資へ(07/09)

ワイヤーカード、事業買収に百社以上が関心(07/09)

ドイツ銀、米富豪との関係巡り当局が罰金(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン