ドイツ労働者の11人に1人が「最高所得者層」

ドイツでは、労働者の11人に1人が最高所得者層に属する――。こうした事実が、ケルン経済研究所(IW)が公表した報告書で明らかになった。

それによると、ドイツで最高所得税率となる42%が課されている労働者はおよそ420万人に達した。ドイツでは子どもがいない独身者の場合は年収6万5,000ユーロ以上、子どもが2人いる家庭で配偶者一人のみが収入を得ている場合は年収13万5,000ユーロ以上が最高所得者層に分類される。

一方、労働者のうち270万人は給与水準が低いことを理由に所得税の納税が免除されたことも分かった。年収が上位10%に入る労働者が所得税全体の約半分を賄っている計算となり、上位30%の場合はその割合が3分の2超に上る。

なお、家計への税負担を見ると、月収1,960ユーロの独身者が税金や社会保障費などに支払う額は給与全体の約46%を占めている。月収3,250ユーロの独身者だと、この割合は約51%に上昇する。夫婦や家庭が同水準の給与を得ている場合も、およそ半分が税金や社会保障費などに差し引かれているという。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 経済一般・統計社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

スケルトン、タリンから独東部へ工場移転(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

独のテスラ「モデルS」購入者、補助金返還(07/20)

イノジー、エーオンとRWEの資産交換に合意(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

企業ソフトSAP、第2四半期は8%増益(07/20)

BMW、インドネシア工場に追加投資へ(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン