ドイツ国民の6割、難民の受け入れに肯定的

過去2年間に難民が大量流入しているドイツで、国民の6割はなお難民の受け入れに肯定的――。こうした事実が、独ベルテルスマン基金の最新調査で明らかになった。ザ・ローカルが7日伝えた。

それによると、難民の受け入れに支持を表明した回答者は全体の59%に上った。うち旧東独に限ると支持者は33%に低下するが、旧西独で65%が受け入れに肯定的で、全体を押し上げている格好だ。

ただ、国民の多くが難民に門戸を開くことを是とする一方で、受け入れ容量は限界に達しているとの見方も広がっている。今回の調査では「これ以上の難民流入は限界を超える」との回答は54%と、2015年40%から大きく伸ばしている。

一方、移民の受け入れについては、全体で70%が歓迎すると回答。支持勢力は2012年の49%、2015年の59%から拡大傾向にあることが分かった。

ドイツ内務省によると、ドイツへの難民流入数は、2015年が約89万人、2016年が約28万人だった。一方、2016年の難民による正式な申請手続きは74万5,545件と、前年から56.4%増加している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 経済一般・統計社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

VWの世界販売、4月は10.2%増加(05/21)

アリオン銀行、2カ国のナスダックに上場へ(05/21)

ディーゼル車の乗り入れ規制、実施に青信号(05/21)

生産者物価、4月は2%上昇(05/21)

プーマ、NY5番街に旗艦店開設へ(05/21)

高級車アウディ、中国で66万台をリコール(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

最高裁、ビールの健康増進うたう広告を禁止(05/21)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

独政府、5G向け周波数の入札を来年に延期(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン